生活自立サポートシステム

介護準備型プランとは!


 50~60代で新しく家を建てる場合は子育て中の若夫婦とはまた違った視点で家づくりの計画をする必要があります。  終の棲家としてこれから数十年、夫婦がどんな暮らしをしていきたいか、今よりもっと高齢になったときにも不自由しない設計となっているか、経済面での不安を抱えずに暮らしていけるか、考慮すべき点はたくさんあります。
 「老老介護」・「認認介護」は、今後の日本社会が直面している大きな課題です。 将来的な家族や生活スタイルの変化を想定した家づくりが求められます。


▼そのポイント
○1・2階の移動が辛くなる将来に備えて「エレベーター」設置の準備。
○介護等の必要が生じたとき、「マジックドア」を導入し自由に行き来ができる仕掛け。





image
image image
*後付けでEV設置 将来EV用ピット 生活自立サポートシステム
「ホームナーシング」


mailホームナーシング動画を見る