生活自立サポートシステム

介護対応型プランとは!


これからの住まいづくりは「終活」を旨とし介護のイメージを明確にする。
●介護対応型プラン
介護される立場の人が 暮らしており、 今すぐ家を介護に対応させるための住まいづくり
●介護準備型プラン。
10年、20先の将来を見据え、 介護しやすい家に すぐ転換することが可能な 介護準備型プラン。


介護をする上で一番手間がかかり、介護される方としても負担の大きいのが〇トイレと○お風呂。
▼「転ばぬ先の手すり」で、事故を防げる安全な家にする。
○事故が起きやすい浴室に効果的な手すり付ける。
○トイレやベッドの横にも、立ち上がりのときに使える手すりを取り付ける。

image   image
     


mailホームナーシング動画を見る