コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

いくつになっても住める家(4)家は必要か?求められる家とは?


○今回のポイント 1 合理的な現代の家に長く住むことを想定しているのか
○今回のポイント 2 季節を感じ、家族の感性が磨かれる住まいが理想的

 この時代になって改めて思うことは「いったい家は何のためにあるのだろう?」果たして「家は本当は必要なのか?」と言うことなのです。
えッ?と思われる方も多いでしょうが、いろいろな形の家がありさらに高層のタワーマンションしかり、さらには住宅街にできたミニ開発の分譲住宅・・・、どれもきわめて機能的でコンパクトで合理的にできているセンスの良い家なのですが・・・。


現代の家は何かが足りない?

 なぜか皆覚めていると言うか?ただ帰って寝るだけのまるでビジネスホテルにでも泊まっているかの様な家が多いと言うのです。合理的過ぎて何かが足りない?いったい何が足りないのでしょうか?
そこに住む人たちに訊ねても特段不満があるわけでもなく怪訝な顔をされるのですが・・・、こんな時ふと極端な事例を思い出すこともあるのです。
たまたまで多くの人の意見ではないと思うのですが、あの仮設住宅からやっと復興住宅ができて越して来たのが・・・、「落ち着かない」や、わが家と思えないなどと言うのです。なるほど住めば都で、あの不便で狭苦しい仮設住宅が懐かしいのではと思いそうですが、どうもそんな感傷的なことでもなく、「なんか?乾いていると言うか、温かみがない?さらには愛着が持てず…ビジネスホテルのように早く“家”に帰りたいような気がするなどとも言う?
「“家”に戻る?」なんとあの悲惨な経験をされ、不自由な仮設住宅からの待望の復興住宅のはずだったはずなのにいったいどうしたと言うのでしょう。何が不足しているのでしょうか?しかもこのような事態に礼儀をわきまえ感謝の念を重んじているはずの年長者の方の感想なのです。


家は人や子どもを育む場所

 こんなことから改めて開発者であり住まいの設計者である私たちの新たな反省点でもあるのです。実際にあちこちに林立する安全で機能的なタワーマンションに移り住んだお年寄りや、さらにこれからの時代の若い人たちもがこうした何かが足りないクールな住まいの形式でしか感性を養えないことが大問題なのかも知れません。そう、住まいは人や子どもたちを育むところなのです。
しかもこれからの住まいは新たに開発された都市の中でも季節を感じられ潤いを与えられるものでなければいけないのかも知れません。しかしこれは単に開発者だけの問題でもなさそうです。
果たしてこのITの時代に求められる家とは一体何であろうか?確かに車同様に持つものではなく借りるものになるのだろうか?ではその借りる家の価値とは?
2018年もあとわずかです。しかし新たな年に向けて新時代の住まい、そして住むこととは何かを皆さまと一緒に考えてみたいものです。どうぞご意見もお聞かせください。


<漆喰と木で、ホームシアターや優しい間接照明のI様邸(設計:天野彰)>
<漆喰と木で、ホームシアターや優しい間接照明のI様邸(設計:天野彰)>


<左:例えば白川郷の合掌造りの炉端の四畳半 右:耐震補強のついでに山小屋の家に(写真・図:天野彰)>
<左:例えば白川郷の合掌造りの炉端の四畳半 右:耐震補強のついでに山小屋の家に(写真・図:天野彰)>




次回は「街も家も住む人しだい?」です。


******************************************************************************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

******************************************************************************************************************




【BACK NUMBER】
 人生百歳元気で快適に住む(2)「何が必要か工夫?」
人生百歳元気で快適に住む(1)「今何が必要か?を考える」
愉しい家(6) もっと愉しく!空間を演出する!
愉しい家(5) 物と壁が動く“生活維持”収納ロボット?
愉しい家(4) 苦を楽に!空間の多重利用?
愉しい家(3) 苦を楽に!物をどうする?
愉しい家(2) 改めて“狭楽しさ”とは?
愉しい家(1) 狭くても楽しい家?“狭楽しく住む”とは
2Sハウス(6)老いて自立する家とは?
2Sハウス(5)老いて自立できる街や家の形とは?
2Sハウス(4)老いてわが身を自立サポートする家?
2Sハウス(3)地震災害に勝つ家とはハードだけか?
2Sハウス(2)安心の家とは何か・・・?
2Sハウス(1)二つのSとは何・・・?
いくつになっても住める家(5)街も家もそこに住む人しだい?
いくつになっても住める家(4)家は必要か?求められる家とは?
いくつになっても住める家(3)老いて活性できる不自由な家?
いくつになっても住める家(2)「夫婦の家」とは?
いくつになっても住める家(1)今なぜ50代云々が大流行?
家相が気になる?(5)まったく鬼門のない家?
家相が気になる?(4)今のプランを回転し鬼門を避ける?
家相が気になる?(3)家相の中心と張りと欠けとは?
家相が気になる?(2)家相はあえて生かす?
家相が気になる?(1)気にさせられる?
有効な家づくり(6)建築家と創るプランニング?
有効な家づくり(5)設計者を探す?
有効な家づくり(4)わが土地を探す?穴場は?
有効な家づくり(3)わが家に塾?趣味の店?で楽しく生きる
有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!