コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

いくつになっても住める家(2)「夫婦の家」とは?


○今回のポイント 1 家族ではなく「夫婦」の老後まで考えた家づくりが思いやり
○今回のポイント 2 寝室を完全分離にせず、襖などで緩く繋げることが重要

 11月22日は「1122(いいふうふ)」のゴロ合わせで、「いい夫婦の日」だと言うのです。1988年に余暇開発センターなるところが提唱したものだと言う。
もともと子育て優先、会社第一主義の30年ほど前の時代に、ちょっと足を止め「夫婦を見つめましょうよ」と言った趣旨で叫ばれたようですが・・・、今まさに超高齢化社会となって子供たちは成長して出て行き、夫は毎日家に居るようになり、否が応でも毎日夫婦互いに顔を突き合わせ、どこが「いい夫婦」だ?と言わんばかりですが、そこで改めて今こそ「いい夫婦の家」とは何か、老いてこれから夫婦はどうあるべきか?のお話です。


かつての「家づくり」から見る夫婦とは

 そこで改めて大枚叩いて建てた、いや購入した今の家を見直してみるのです。すると果たして夫婦が、家族が、そして長い老後の生活に向けて、家は住みにくくボロボロということではこの先が心配でなりません。
「家のことは家内に任せている」とか「女房が気に入ればいい」などと言っていたツケかも知れません。
思えば住宅展示場やマンションの仮設のモデルルームに行って価額やシステムキッチンなど表面的なところばかり見てポンと決めて、建築現場に足しげく通ったり、ヘルメットをかぶり、その工事の状況を自分の目で確かめ、柱の太さや梁など素人目にもたくましく感じ、さらに設備の配管配線など確かめたかどうかいささか疑問です。それこそ、愛情あふれる「夫婦の家」づくりのはずだったのですが・・・。
もともと家づくり・家選びは、古今東西夫の役目です。そこで今、夫婦で散歩のつもりで展示場や公開現場など一緒に見学し、改めて現代の家がどうなっているかを学び、夫婦のこれからを探るのです。それこそがまず夫婦を見直す良い機会となるのです。
すると改めて気になることは、かつての家づくりは夫婦のウエート、いや夫のウエートが低かったことに気が付きます。子育ての生活で、互いの寝室を分けてしまったり、さらに子どもが出て行った後はその子ども部屋に妻が移りついには1階と2階とに分かれて休んでいるなどです。


家の見直し時のポイントは寝室

 この家の見直しの時こそ「オレに任せろ!」くらいの気迫で、いざと云う時離れて寝ていては危険だ。子ども部屋を一つの寝室にし間にふすまを建て、いびきや寝起きの時間差や暑さ寒さの温度差をエアコン別々にし、さらに老いて身体が不自由になったときのことを考え、家事やトイレなどの水回り設備をすっきりシンプルにコンパクトにするなど提案をするのです。


<子ども部屋の壁を壊しそこを襖で開け閉め?夫/婦寝室(天野彰)>
<子ども部屋の壁を壊しそこを襖で開け閉め?夫/婦寝室(天野彰)>


 なんと意外や意外、その夫の溌剌とした姿勢に奥さんもきっと改めて“ほれ直して”くれるはずです?


<「夫/婦寝室」のプラン例(天野彰)>
<「夫/婦寝室」のプラン例(天野彰)>


 その広い空間を夫婦だけの生活の場にすることです。そこで必要な部屋の仕切りを床から天井までの収納家具にするのです。これなら家のあらゆる物が納まり、地震でも倒れずまたこの先で間仕切りを変える際も間仕切り移動が簡単です。
そしてこれから長く生きて行く間に必ず起こる地震などの災害ですが、いざとなったときの為に家の中、家の外の避難経路を常々確保をしておくことが重要となり。その際食器などが飛び出さないように引き戸やストッパー付きの扉にすることを手始めに、夜間パニックにならないために懐中電灯はペンライトのような小さなものをできるだけ多く、電池を外して粘着テープで留め、住まいのあちこちに各所にばら蒔くように置いておくなどの備えが大切です。
これらの耐震補強は、リフォームや建て替えの際“ついでに”行う感覚で、必要以上に強靭な耐震を考えることではなく、逃げ出すために必要な補強工事をバランスよくするよう心掛けることです。


<「カニの横歩き」すっきり家事周り・トイレを寝室の近くに(天野彰)>
<「カニの横歩き」すっきり家事周り・トイレを寝室の近くに(天野彰)>


家づくりは、夫婦のあり方を見つめ直すチャンス

 確かに最近の家づくりで、夫婦のあり方を見ていると、なぜか結婚することの“意味”が気になるのです。かつての「適齢期」などの言葉が今の子どもたちには死語となり、独身貴族などといった未婚者神話のような時代となっているのです。さらに熟年夫婦の離婚も増え、家はいったい何の意味を持つのか?家の価値も家を持つ意味も怪しくなるのです。
れからの夫婦は互いの将来をどう考えているのか?どう生きて行くのか?を確かめて、今一度?夫婦の“愛”や“思いやり”とは何かを、この住まいづくりやリフォームのチャンスで、原点から確かめるのです。
次回は「老いて自立できる家とは?」です。




******************************************************************************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

******************************************************************************************************************




【BACK NUMBER】
 いくつになっても住める家(3)老いて活性できる不自由な家?
いくつになっても住める家(2)「夫婦の家」とは?
いくつになっても住める家(1)今なぜ50代云々が大流行?
家相が気になる?(5)まったく鬼門のない家?
家相が気になる?(4)今のプランを回転し鬼門を避ける?
家相が気になる?(3)家相の中心と張りと欠けとは?
家相が気になる?(2)家相はあえて生かす?
家相が気になる?(1)気にさせられる?
有効な家づくり(6)建築家と創るプランニング?
有効な家づくり(5)設計者を探す?
有効な家づくり(4)わが土地を探す?穴場は?
有効な家づくり(3)わが家に塾?趣味の店?で楽しく生きる
有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!