コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

家相が気になる?(5)まったく鬼門のない家?


○今回のポイント 1 最初はから「家相」は気にせず、まずは希望のプランづくりからはじめる
○今回のポイント 2 陽当たりと風通しを大切にした家づくりが重要

 家づくりでは普段占いや年回りなど、縁起にまったく興味のない人が突然「鬼門は大丈夫?」などと家相を気にされることが多いのです。
いい家のプランを考えるとき玄関や水回りなどの位置を決める際あれこれ迷ったり決断をするときに、なぜか家族や親友などの意見や家相についての体験談などが脳裏に浮かんで気が付いたら「家相の本」を買ってきたりするのです。
生涯に幾度ともない大きな買い物であり、一度決めたらこの先何年も住むことになりやはり緊張と不安に駆られることが多いのです。


建築家や施工会社に依頼する前に、少しだけ「鬼門」を気にして要望をまとめる

 これまでお話したとおり、まずは自分の住みたいように家族とプランを模索して考え、それをもとに鬼門などの障りがあるところを少し調整するようにするだけでいいのです。その上で正式な実施設計図を専門家につくってもらえばいいのです。これをせずにすべての設計図を書いて見積もりまで取った後に家相のために大幅な変更をすることは大変です。
さらには住んでいて人に言われたり、何か家族に異変でもあり始めて家相が悪いのでは?と思うことの方が辛いものがあります。
実際にそんな理由でリフォーム相談を受けることも多いのです。不思議なものでそうした家のプランを見るとなるほどこれは問題だと思うことも多いのです。家に行ってみるとなぜか暗く風通しも悪い家が多いのも驚きです。
鬼門など家相を気にするとますます不安になり、そんな気分になってしまうのです。しかし実際のプランニングで鬼門などあらゆる家相上の障りをはじめから気にするとまともなプランなどできません。


陽当たり、風通しが抜群な家相の気にならない家

 こんなことからまったく家相のさわりのない家を考えたこともあるのです。まずはその模型の写真をご覧になればお分かりのとおり丸い建物でしかも回転をするのです。なるほど家相などまったく気にもなりません。しかも全方向が開放的なガラスの家で前室日当たりもよく、夜になると地下に沈んで行くので安心です。残念ながらまだこの家を実際に建てたことはありませんが、そもそもが地震や台風などの災害に備えたものですがこうした自由な発想を持って家を生活優先で考えていただきたいものです。


<イラスト1:鬼門のない回転する?(画:天野彰)>
<イラスト1:鬼門のない回転する?(画:天野彰)>


 ま、これほどの「絶対方位」の家ではありませんが家相を気にされる家族のために図のようなプランの家を実際に建てました。まさに「ひまわりの家」と名づけたのですが、あらゆる家相をクリアし、どの部屋も陽当たりや風通しもよくまさしく向日葵のような家となったのです。実際に芸術家である家人からは住みやすく気に居られているようなのです。


<ひまわりの家プランと写真(三重県津市  設計:アトリエ4A)>
<ひまわりの家プランと写真(三重県津市  設計:アトリエ4A)>



次回からは「いくつになっても住める家」のお話しです。今週発売の「日経ビジネス」誌にもこのようなお話しをしています。ご覧くだされば幸いです。



******************************************************************************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

******************************************************************************************************************




【BACK NUMBER】
 いくつになっても住める家(1)今なぜ50代云々が大流行?
家相が気になる?(5)まったく鬼門のない家?
家相が気になる?(4)今のプランを回転し鬼門を避ける?
家相が気になる?(3)家相の中心と張りと欠けとは?
家相が気になる?(2)家相はあえて生かす?
家相が気になる?(1)気にさせられる?
有効な家づくり(6)建築家と創るプランニング?
有効な家づくり(5)設計者を探す?
有効な家づくり(4)わが土地を探す?穴場は?
有効な家づくり(3)わが家に塾?趣味の店?で楽しく生きる
有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!