コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

有効な家づくり(6)建築家と創るプランニング?


○今回のポイント 1 家づくりは「街づくり」や「人づくり」に繋がる
○今回のポイント 2 周辺環境をしっかり把握すること
○今回のポイント 3 家族の居場所を考える「場取り」からプランを考える

 前回までの土地候補探し、さらには好みの設計者選びによって、土地の選定が行え、契約も安心して行えます。
そしていよいよ家のプランのイメージが見えてきます。


購入した土地へ宿泊し周辺環境を確認した情報を基にプランへ落とし込む

 次は、その購入した土地にテントを張って家族で一緒に泊まって“観る”のです。冬場はなかなか大変なことですが、車を停めてできるだけ朝な夕なの情景を探るのです。この際には近隣に簡単な手土産を持って挨拶をするのです。不審者に思われないことはもとよりその敷地の周りに住む人々の様子が分かります。
これこそが本来の家づくりでのコミュニティの始まりなのですが、最近の家づくりは残念ながら施工業者任せにすることが多いのです。もちろん解体新築や大幅なリフォームの際もこうした近隣との付き合いこそがその後も一層住みやすくなり、工事もスムースに進むのです。
こうして得た情報をくまなく設計者に伝え新しい住まいに反映するのです。今まで住んでいる人も窓を大きく開けて風の流れや陽の入り様や、さらには鉄道や道路の騒音、あるいは前面道路の車の通りや人通りなどを含め家の配置や景観なども街に違和感なく溶け込んで行くことになるのです。 野中の一軒家ならともかくまさしく家づくりは街づくり人づくりでもあるのです。


家族がどこで、どのように暮らすかを初めに考える

 さてこれで何となく家の周りの様子やわが家の概要が見えてくるのですが…、すぐにグラフ用紙に間取りを嵌め込むなどはせず、どこでどう暮らすかを考えるのです。そう、まさしく家族の居場所を考えるのです。食べるところ、居るところ、寝るところの場を考えるのです。
それらの“場”を敷地の中に○で画くのです。私はそれを「間取り」ではなく「場取り」と言うのです。


<イラスト1:家族間取りゲーム(画:天野彰)>
<イラスト1:家族間取りゲーム(画:天野彰)>


 そのやり方は簡単です。リビングやダイニングさらには寝室や和室などをそれぞれをその代償の円を造ってそれを敷地に想定した画用紙の上に並べて行くのです。家族でわいわいがやがやとゲーム感覚で並べて行くのです。まさしくこれを「場取りゲーム」と称しているのです。
ここで気に入った何枚かの配置を糊で止め、設計者にそのまま渡すのです。このとき玄関や階段さらにはトイレなどは気にせず設計者に任せるのです。これで清書された、いくつかの“場取りプラン”を観ながらまた家族と設計者とで喧々諤々とやればいいのです。


<イラスト2:場取りからできたプラン(画:天野彰)>
<イラスト2:場取りからできたプラン(画:天野彰)>



そう、場取りはどこでどう住むか?家族で楽しくやらなければいけません。方眼紙に部屋を詰め込みトイレが入らないとか階段が難しいなどは専門家に任せればいいのです。


次回は「家相は気になるではなく気にさせられる?」です。


************************************************************************

<>   ★5名様にプレゼント!ご応募はこちらから
  2018年5月31日(木)発行  『50代から生涯暮らすリフォーム』天野彰・天野彰人共著、KADOKAWA 価格(本体1,500円+税)
  人生100年時代、50代は折り返し点です。長年日本人の住まいを見つめてきた建築家親子が、これからの人生をどう暮らすかをテーマに快適なリフォーム術をアドバイス!実際に手がけた最新事例を基に、写真とイラストでわかりやすく全47の手法を提案します。本当は家のことを 50 代で考えるなどとは遅いのではないか、と思います。 30 代、 40 代で家を建てた人は、その時に 80 年、 90 年という自分自身の人生時計を連想しながら家をつくっていれば、50代で慌てることはないのです。また、今日のように社会問題になっている「空き家」にもならないのです。単なるハウツーにとどまらず、実際設計した住まいの中にイラストにて生活を描き、これからの住む人の人生を考え、いかに活き活き生きていくかを考える本にしています。50代はもちろんですが、同時に若い世代あるいは高齢世代にも自分たちのこととして考えていただく本です。

************************************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪





【BACK NUMBER】
 いくつになっても住める家(1)今なぜ50代云々が大流行?
家相が気になる?(5)まったく鬼門のない家?
家相が気になる?(4)今のプランを回転し鬼門を避ける?
家相が気になる?(3)家相の中心と張りと欠けとは?
家相が気になる?(2)家相はあえて生かす?
家相が気になる?(1)気にさせられる?
有効な家づくり(6)建築家と創るプランニング?
有効な家づくり(5)設計者を探す?
有効な家づくり(4)わが土地を探す?穴場は?
有効な家づくり(3)わが家に塾?趣味の店?で楽しく生きる
有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!