コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

有効な家づくり(5)設計者を探す?


○今回のポイント 1 建築家との家づくりは、予算に設計料を含めて検討すること
○今回のポイント 2 建築家を選ぶ際は、足しげく訪問し希望を伝えること
○今回のポイント 3 遠慮せずに分からないことは質問し些細な事でも相談する

 今年は毎日のように台風が発生し、台風12号からさらに追い打ちをかけるように、13、14、15から19号へとなんと5日連日のように次々直撃しようとしています。強風もさることながら、その関連で猛暑や集中豪雨などが各地に発生し大きな被害をもたらしているのです。
これがわずかな人間の強欲やメンツのせいで、世界的な地球温暖化対策が進まず、更なる異常気象を引き起こしているとしか思えないのです。


まずは興味のある情報をクリップしてまとめことから始める

 さて、こちらは既成の家や出来合いの分譲住宅ではない敷地からさらに骨組みそしてわがままな自分たちだけのプランの家をつくる!ですが・・・、前回の土地選びに引き続き、今度はその敷地の良し悪しから、地域や環境に優しい家を共に創る、自分たちに合った設計者の探し方、選び方?です。
答えは簡単です。一言で言えば、自分の好きな建築家を探すことです。専門的な建築雑誌ではなく、いろいろな生活誌や新聞などのコラムや記事などから気になったものをクリップし、できた家などの内容に惹かれるものを整理しておくことです。そして何よりも自分たちのわがままを聞いてくれそうかどうか?と言うことでしょう。


建築家を探す際は、まず勇気を持って訪問する

 まずは土地探し同様、勇気をもってアポイントし、足しげく訪問し、思い切って希望や夢を述べるのです。
自分たちが生涯住む家のことです。遠慮することなく自分たちの想いをぶっつけ、また質問をすることが重要です。まずはそれができる人かどうかが一番です。
言い換えればその設計者に家を託すのですから当然の立場と言えるのです。しかも工事費の一割ほどの設計料を支払うのですから発注者の当然の義務と言えるのです。
予算とは自分たちで目論んだ総費用の中で消費税同様その設計料を含むと言うことが大切です。その設計料の意味とは、ハウスメーカーであれば各地に建つ展示場、さらには部材をつくる工場の設備投資加えてその家の開発の総費用、さらにはあの膨大なコマ-シャル料やセールス費用や経費が各家のコストに加わるのです。これは建売住宅も含め土地建物などあらゆるコストに上乗せされるのです。
企業によってはその総費用は半分ほどにもなるケースもあるのです。特に人気商品にならない限りメーカーも損がたつと言うのですから驚きです。


建築家は住まいが完成するまでの全てをサポート

 それを設計者とわが家だけの家の開発?設計し、予算合わせをし、建築。さらには完成チェックまでをやるのですからなるほどと思えるはずです。本当にうまく行えば見た目以上に割安の建物になるのです。それを設計監理業務と言うのです。
その設計監理の中身とは…、土地の選定や調査を含めた基本計画と概算。さらに確認申請など法的手続き、そして施工者の選定や施工費の支払い時期と支払いチェック、さらには完成までの検査や施工者との精算までを行います。その間に床壁天井などの仕上げや色彩さらには設備機器の選定や照明など多岐に渡る相談に応じるのです。
そして何よりも、その家のホームアドバイザーとなるのです。


<イラスト1:プランニング情景(画:天野彰)>
<イラスト1:プランニング情景(画:天野彰)>


<イラスト2:そのわがままプランを設計図に変える(画:天野彰)>
<イラスト2:そのわがままプランを設計図に変える(画:天野彰)>



次回はどのようにプランができるか?です。


************************************************************************

<>   ★5名様にプレゼント!ご応募はこちらから
  2018年5月31日(木)発行  『50代から生涯暮らすリフォーム』天野彰・天野彰人共著、KADOKAWA 価格(本体1,500円+税)
  人生100年時代、50代は折り返し点です。長年日本人の住まいを見つめてきた建築家親子が、これからの人生をどう暮らすかをテーマに快適なリフォーム術をアドバイス!実際に手がけた最新事例を基に、写真とイラストでわかりやすく全47の手法を提案します。本当は家のことを 50 代で考えるなどとは遅いのではないか、と思います。 30 代、 40 代で家を建てた人は、その時に 80 年、 90 年という自分自身の人生時計を連想しながら家をつくっていれば、50代で慌てることはないのです。また、今日のように社会問題になっている「空き家」にもならないのです。単なるハウツーにとどまらず、実際設計した住まいの中にイラストにて生活を描き、これからの住む人の人生を考え、いかに活き活き生きていくかを考える本にしています。50代はもちろんですが、同時に若い世代あるいは高齢世代にも自分たちのこととして考えていただく本です。

************************************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪





【BACK NUMBER】
 いくつになっても住める家(1)今なぜ50代云々が大流行?
家相が気になる?(5)まったく鬼門のない家?
家相が気になる?(4)今のプランを回転し鬼門を避ける?
家相が気になる?(3)家相の中心と張りと欠けとは?
家相が気になる?(2)家相はあえて生かす?
家相が気になる?(1)気にさせられる?
有効な家づくり(6)建築家と創るプランニング?
有効な家づくり(5)設計者を探す?
有効な家づくり(4)わが土地を探す?穴場は?
有効な家づくり(3)わが家に塾?趣味の店?で楽しく生きる
有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!