コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?

―有効なリフォームや家づくりとは街興しで街づくりです?!―


○今回のポイント 1 過疎化する都心部では、より家を小さくして売るミニ開発
○今回のポイント 2 若い世代を都心に呼び戻すために、同居スタイルと賃貸の両軸

 今住まいづくりに異変が起こっています。大げさのようですが・・・、全国で空き家が増え続け500万軒とも800万軒とも言われているのです。さらに近い将来、空き家となりそうな予備軍の家を加えると優に1千万軒以上もの空き家になると言うのです。しかもこれらの家はどの町も都心近くの家が多く、まさに都市の空洞化が始まっているのです。
古い町並みはどんどん小さな家のミニ開発で “密集”する?(写真:天野彰)
<古い町並みはどんどん小さな家のミニ開発で “密集”する?(写真:天野彰)>


都心は高齢化により過疎化が進みドーナツ現象が起きている

 そしてこうした地価の高い都心の家屋敷は今、次々とデベロッパーによって買われ、僅か30坪弱の土地に分割されぎりぎり三階建の小さな家が密集するミニ開発がされているのです。過疎化する都心の高級住宅地だけに、さすがに土地が高く億以上の建て売りは売れず、かと言って億近い家は車庫もなく3LKD以下の家も売れないのです。そこでさらに家は最小化され、ミニ開発は進むのです。
さらに高層住宅が可能な臨海部や都市周辺には40階ほどのタワーマンションが突如建ち、判で押したような2DKや3Kほどの高額なマンションに若い家族が移り住んで行くのです。
皮肉なことにかつて都心に広大な住宅地が広がり、その周辺に若い人たちが追いやられて、郊外にニュータウンやマンションが多くつくられ、まさしく都市のドーナッツ現象などと言う時代がありました。そして働き手の彼らが郊外に追いやられ、毎日通勤地獄のような不経済で不効率な都市が形成されたのです。
今まさにその都心の人たちが高齢化し、家族が育ち核家族化が進み、さらに、独居老人世帯や、ついには空き家となり、住宅地は歯抜けのような状態となり都市の空洞化?いやもっと、過疎化が進みまさしく本当のドーナツ現象が起きているのです。


<延々と低層住宅真ん中に国立競技場 渋谷セルリアンタワーより(写真:天野彰)>
<延々と低層住宅真ん中に国立競技場 渋谷セルリアンタワーより(写真:天野彰)>


空き家になる前に有効的に利用する方法とは

 今こそ都市のこうした不効率を各区部や行政が手を差し伸べ、税制や融資などの新たな優遇措置を講じ、早くに空き家にならないような工夫をするなどが重要で、そこに今住む家族もあらゆる手段を講じて、早くに今後の生活設計をし、今の家の有効利用を考えたいものです。v このことは、単純な計算をしても、都心の家全体がそれぞれ1戸か2戸の貸家にし、ミニ開発ではなく同居スタイルの家にリフォームすれば割安な家賃で若い世帯が都心に移り住み、庭付きの一戸建てに住めば、倍以上の世帯数の街となるのです。これこそ建て替えに比べ割安となり、家主にとっても老いの生活の糧ともなるのです。
慌てて売り払ったり、建て替えにせずとも、今の家そのままで有効な都市の活性化となり、さらには高齢化社会の一助ともなりうるのです。
人に任せるのではなく自らが立案計画をするのです。出て行った子世帯もその貸家に移り住むこともあるかも知れません。次回からはこうした新たな同居スタイルについてお話をすすめて行きたいと思います。
<賃貸併用はいやだが・・・と言っておれないアパート併用住宅(イラスト:天野彰)>
<賃貸併用はいやだが・・・と言っておれないアパート併用住宅(イラスト:天野彰)>


************************************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

************************************************************************




【BACK NUMBER】
 有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!