コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?

―生かすリフォームか、壊して新築か、家づくりでいつも悩む通り道です。―


○今回のポイント 1 大掛かりな改修をせずに、日頃の見回りで災害を減らす
○今回のポイント 2 ハザードマップなどで地盤を把握することも大切
○今回のポイント 3 周辺地域を市民が常日頃からチェックすることで災害を減らすことも可能

 まずは今の家の周りの環境や景観、そして家の中のごちゃごちゃです。しかしさらに関心事は耐震です。なんとなく新築は新耐震基準で出来ているため安心のようですが、前回でもお話しした通りのようにリフォームでも耐震強化はできるのですがどうしても割高となります。特に地盤と基礎部分の強化は高額となります。住まいのある場所の地盤によって揺れ方が違い被害も変わります。
そして・・・、とうとう大都市圏に直下型の地震が起こりました。この国に住む以上地震はもとより台風そして津波は防ぎようがありません。さらに近年は火山の噴火や爆発までが災害の脅威となっているのです。

「あきらめる」ではなく、日頃の心がけで災害は変わる

 長年家づくりに関わって来て、特に耐震・耐火など防災に心がけて来たのですが、便利で人が集まりやすい都市の平野部の活断層やあの巨大津波には愕き途方に暮れたものです。どんなに快適で住みやすい家も大地震であえなく倒れ密集しているだけに隣家から延焼してしまっては、家はおろか命を失うことにもなりかねません。また今回の大阪北部の震源は熊本のように繰り返しの余震や、液状化も心配です。何よりも大都市では人身被害もさることながらライフラインが停まることです。これにより多くの企業が停止し産業が落ち込み、多くの被害が長く続きます。
なによりも熊本地震やあの東日本の大地震にしてもかつての阪神・淡路地震にしてもあの恐怖の揺れの体験と、長く続く余震による避難生活の不安や不自由さ、そしてその建て替えや修復予算の多額の出費を迫られ、ついにはその街と家を捨てた人も多いのです。
しかし東京をはじめ、大阪、名古屋などの大都市圏の人々は幸いにも多少のライフラインの停止を経験しているものの、そんな各地の惨状をテレビで目の当たりにしながらも相変わらず、あれは“対岸の火事”か?あるいはもしあのような地震が来たら、“あきらめるしかない”などと開き直っている人も多いのです。
とんでもありません。防災はいや、あえて減災はそこに住む人の心がけ次第で、しかもちょっとした工夫とわずかな費用で今の住まいを安全で耐震補強でき、家族や市民の命を守ることができるのです。あの悲劇的なコンクリートブロック塀がそれです。これはどの町にも、どの工作物にも言えるのです。日ごろの心さえあればちょっとの見回り、少額の予算で可能なのです。


市町村で危険な箇所を事前にチェックする

 そこでわが家が建っている街やその位置、そしてその地盤がどの部分に相当するかを知ることも大切なのです。その方法は、各市町村にあるハザードマップ、さらには海抜を示した地形図を入手し、新興宅地であれば申請に使った造成図を見せてもらうか、担当した施工者に問い合わせることが手っ取り早いのです。さらに造成が古い宅地の場合ではその団地や敷地周辺を散歩しながら、やや離れた対面の高台などから眺めて見ますと、もとの山(地山)や原野の成りがおぼろげながら見えてわが家が削られたところか土盛りされたところかなどが分かります。
イラスト:地盤によって揺れ方が違う(画:天野彰)
イラスト:地盤によって揺れ方が違う(画:天野彰)


 難しい地盤も、構造も家族と散歩で避難経路の確認し、周辺の道路のひび割れを探し、危なそうな電柱や歩道橋など市民側から問い合わせをするのです。こうして家族も通学はもとより避難経路となるところの塀や歩道橋などの安心もでき、市町村も無駄な費用を掛けず、ピンポイントで調査修正が可能となるのです。
こうした聞き取りによる新たな官民国の防災システムで、都市圏では幹線や高架道さらには水道経路などの不備も知ることができるのです。

  <イラスト:わが家の不備は誰でもわかる “目”?(画:天野彰)>
<イラスト:わが家の不備は誰でもわかる “目”?(画:天野彰)>


次回はいよいよ有効「有効なリフォームと家づくり」をと思います。


************************************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

************************************************************************




【BACK NUMBER】
 いくつになっても住める家(1)今なぜ50代云々が大流行?
家相が気になる?(5)まったく鬼門のない家?
家相が気になる?(4)今のプランを回転し鬼門を避ける?
家相が気になる?(3)家相の中心と張りと欠けとは?
家相が気になる?(2)家相はあえて生かす?
家相が気になる?(1)気にさせられる?
有効な家づくり(6)建築家と創るプランニング?
有効な家づくり(5)設計者を探す?
有効な家づくり(4)わが土地を探す?穴場は?
有効な家づくり(3)わが家に塾?趣味の店?で楽しく生きる
有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!