コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る


○今回のポイント 1 被災地の復興は未完成
○今回のポイント 2 住人が移り住むための生活「基盤」を整えることが復興では重要
○今回のポイント 3 復興とは後世に残すことを根底に考える街づくり

 このゴールデンウィークあけに被災後7年の東日本大震災の石巻、南三陸町などを回ってきました。

震災7年後の石巻 まだまだ遠い復興の道のり

 もとの港の街の上に膨大な土砂でかさ上げされ、13mの防波堤や川の土手づくりが今も、もくもくとつくられていたのです。
道路もすべてがかさ上げされ、窪んだ所にあの何度も放映された悲劇的な防災センターの剥き出しの3階建て鉄骨造の「遺構」と、その対面に多くの人々を津波から救った4階建ての結婚式場高野会館が取り残されていて、そこにかさ上げされた高台?によって、無情にも雨水の逃げ場を失って水が溜まっているのです。この光景を見て、えも言われぬ不思議な心境となって帰ってきたのです。

<写真1:防災センターの「遺構」と周りのかさ上げ土地(撮影:天野彰)>
<写真1:防災センターの「遺構」と周りのかさ上げ土地(撮影:天野彰)>



 まさしく、家ではなく街や村の「生かすか壊すか」を目の当たりにしたような気がしたのです。実際には新設の防波堤より高い15メーター以上の津波に襲われた被災地は海が見えなくなった街となり、中途半端な高さの防波堤を前に地域の人は無言のまま居て、高台にあえて木造で建てられた商店街?が異様に静かに建ち、まるで道の駅のように観光客の売店となっているのです。
かつての町の界隈性にはほど遠く、まさに見世物小屋的様相に、店主たちは無言で働き、周りの高台の広大な裸の土地がまさに砂漠のようにむなしく荒涼としているのです。
今後この商店街の周りに人々が家を建て、移り住んでくれればと願い、祈るばかりなのです。まさに壊して新たに街つくることの難しさをまざまざと見せつけられ、被災地のまだまだ遠い復興の道のりに呆然としたのです。

頑丈な鉄筋コンクリート造の「高野会館」を生かすことが復興に繋がる

 しかもこれが東北の沿岸部各地がすべてこうなっていると思うと、改めて4階建ての鉄筋コンクリート造の高野会館のような頑丈な建物を多く造り、とっさに人々が逃げ込めるようにし、街をもとの地盤のまま極力再現し、局所的に防波壁で囲う考えの方がますますよかったのでは、と感じるのです。
まさにあの結婚式場の3階までは津波によって内装は流されたものの、4階のホールに300人ほどを収容し、その命を救ったと言うのです。

<写真2:15メータ―の津波にも耐え生き残った内部「高野会館」(右写真 撮影:武藤英正氏)>
<写真2:15メータ―の津波にも耐え生き残った内部「高野会館」(右写真 撮影:武藤英正氏)>

 その会館の持ち主は、建物はリフォームをして生かせるものの、回りがこうもかさ上げされ、まるで窪地ようになった土地のビルは廃棄し壊すか?あるいは多くの“津波から命を救った証拠”の建物として「記念館」のように生かすか?に戸惑っているようなのです。まさに多くの犠牲者が出た「遺構」と対照的に、かさ上げなどなく景観と生活基盤さえあれば本当に生かせた「記念館」ともなったのです。







************************************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!次回お楽しみに♪
************************************************************************




【BACK NUMBER】
 家相が気になる?(1)気にさせられる?
有効な家づくり(6)建築家と創るプランニング?
有効な家づくり(5)設計者を探す?
有効な家づくり(4)わが土地を探す?穴場は?
有効な家づくり(3)わが家に塾?趣味の店?で楽しく生きる
有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!