コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言


○今回のポイント 1 言われるがままに建替えるのではなく、一番の手段を徹底的に検討すること

この連休は普段忙しい人たちにとって、ちょっと留まって“わが家を観る”とても良い休日だと思えるのです。まさしく海や山あるいは海外へといろいろな予定があろうかと思いますが、何より50代の人は人生100歳の間半分の節目、これから先の“長~い暮らし”のためになんとかわが家を持たせることをちょっと考えるのです。

果たして地震のためにわざわざ家を建て替える必要があるのでしょうか?

 かつて、あの「国立競技場は壊して建て替える必要はあったのか?」「なぜ増築リフォームを検討することなくさっさと壊してしまったのだろうか?」などと多くの人からの疑念もありました。今あのことで反対もしなかった建築家や大手ゼネコンが大きな信頼を失ったことを彼らは国民の一人として感じているのでしょうか? 完成を目指して日々頑張っている巨億の国家プロジェクトの作業に対してだれも目を向けることなく、完成の期待もないのはなぜでしょう。現場に行っても大々的に完成をアピールするどころか、こそこそ目立たないように工事を進めているのはいったいなぜなのか?と多くの市民の声も聞こえてくるほどです。当事者の人々にとってはやりがいのない悲しいことなのですが・・・、すべてが“専門家委員会”?のせいで事を済ませる行政の無責任さに、何を言っても仕方がないと諦めてもいるのでしょうか?
しかし成熟した国家や都市においては累計で数千億ともそれ以上とも言える国家プロジェクトに心ある専門家を選ぶ能力だけはもってほしいものです。

30年持つかどうか分からない家に建て替える前に考えること

 何か話が違う方向に行ってしまったようですが、要は「レガシー」などと心地よい謳い文句があるようなオリンピック後の効果的で意義ある成果とはいったい何なのか?改めて考えてみる必要があるのではないかと言うことで・・・。
私たちの住む家もまたその通りで、今何が不足か?どこが危険でどこを補修すればよいか?果たしてその費用はいくら掛るか?を徹底的に検討することなく施工者に「壊しましょう」と言われてすぐに建替えてしまうのはいったいなぜだろうと言うことです。 まさしく先人たちが何百年も持たせようとつくって来たレガシーの家をあっさり壊すことは、そして拙速と30年持つかどうかも分からない家に建てることが果たしてわが家いいや、わが国の「レガシー」となるのだろうか?と言うことなのです。
そこで、前回お話のまずは家が建っている位置と地盤を観る。さらにわが家の造りやその痛みを見ることをしていただきたいのです。さらに今後どう生きるかも考えて頂きたいのです。意外にもここでは“夫婦別々?”に考えて頂きたいのです。
次回は都市での耐震強化をお話します。

<阪神大震災の惨状(撮影:天野彰)>
<阪神大震災の惨状(撮影:天野彰)>




************************************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!次回お楽しみに♪
************************************************************************




【BACK NUMBER】
 家相が気になる?(1)気にさせられる?
有効な家づくり(6)建築家と創るプランニング?
有効な家づくり(5)設計者を探す?
有効な家づくり(4)わが土地を探す?穴場は?
有効な家づくり(3)わが家に塾?趣味の店?で楽しく生きる
有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!