コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?


○今回のポイント 1 あらゆる災害に備えるため、一番大切なことは避難ルートと場所の確保
○今回のポイント 2 倒壊の恐れのある箇所には、ガードとしてコンクリート製の壁を築く

減災は命を守るためのルート確保が大切

 防災、防災と言うとあらゆる災害、あらゆる事象で万全の用意することと思いがちです。そんな広範囲に防災などできようもなく大方の人は「ま、来たら来た時のこと」などと、心の内で思ってしまうものです。こうして防災はできずにその準備も怠り、いざ来た瞬間には慌てて何の行動も取れず、不幸にして被災してしまうのです。実際にあらゆる地震や津波さらには洪水や火災、そして台風や大雪などと被災された人たちの多くの意見を徴収することからある種の共通する意外なヒントを得られたのです。 それこそ「命だけでも助かって良かった」です。
助かることができたと言うことは災害から逃げおおせたと言うことです。たとえ家は失っても命だけは守ることができたと言うことです。
そして、家族とも連絡が取れ今避難所で一緒に暮らせている…です。ここで重要なのは家族との連携とさらに地域のサポートなのです。
減災はあれもこれもするのではなく、まず命を守ることそのためのルートの確保と避難場所の設定なのです。

<危険度順位を決め順番に防火減災をする(画:天野彰)>
<危険度順位を決め順番に防火減災をする(画:天野彰)>

家を守るために、倒壊の恐れのある方向に頑丈なコンクリート製のガードをつくる

 そこでまずわが家から最低限の備えをと言うことですが、よく徹底した耐震補強や防火が叫ばれていますが、まず家から外へ、さらに避難先までのルートを実際に歩き見直し、火災発生や倒壊を想定してみるのです。するとわが家の危険な場所の耐震補強、隣家の状況からの倒壊や防火の外部防御の順位と防災工程をつくる。
さらに逃げる際のルート遮断の想定や、地域によっては津波や河川の氾濫などの危険が迫る方向を日ごろから想定し、避難先を複数用意し家族とも示し合わせておくのです。
耐震工事も早い方が安心ですが。なかなか簡単にはできません。阪神大震災で家が傾いたために古い電柱を数本方杖のようにつっかいをした民家が無傷で生き残った例もあるのです。
東日本大震災では頑丈な塀によって津波は受けたものの倒壊は免れ、家財の多くが助かった家もあるのです。山沿いでは山側に頑丈な擁壁をV字に造り土砂から助かった家も多いのです。
全方向を防御するのではなく取りあえず危険な方向にまるで船の舳(へさき)のような頑丈なコンクリート製のガードをつくるのです。これは沿道に住む人の家で度重なる交通事故から身を守るためと言う・・・。新たな減災かも知れません。

<阪神大震災で古電柱の方杖一つで助かった家もある(画:天野彰)>
<阪神大震災で古電柱の方杖一つで助かった家もある(画:天野彰)>



************************************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!次回お楽しみに♪
************************************************************************




【BACK NUMBER】
 リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!