コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?

―「減災」とは防災と同じことで災害を防ぐことには変わりはありませんが、災害そのものに対峙して防ぐことよりも、そこに住む人自身が家族が何とか助かる。被害を最大限食い止め、できる限り被害を最小限に留めること。それが減災なのです。―


○今回のポイント 1 日頃の動線を簡素化するなどの意識が災害予防に繋がる
○今回のポイント 2 万が一の場合を想定し、逃げる手段や場所を把握することが大切

減災とは災害に巻き込まれないために普段の生活から気に掛ける

 減災は、先ずはそれぞれの家の中で家族一人一人が災害に巻き込まれないようにすることで、さらに速やかに逃げることが第一なのです。もちろん未然に住まいの弱点を見つけ構造補強をしたり、日ごろから避難ルートを学習し、家族との連絡を密にするシミュレーションをすることなのです。が、高齢でひとり暮らしも多い昨今できれば同じマンションの住民、さらには近隣、そして家族各自の勤め先や学校などとも日ごろから連絡手段を確保することも大事なのです。
しかし案外、いざその災害に遭遇するとどなたもそれができないのです。そこで、今日から、住む人自身はもとより家族同士や近隣で話し合うことから始めるのです。するとわが家の玄関、あるいは勝手口までの間にいかに危険な家具や冷蔵庫などの家電が多いことが分かり、それらが行く手を防いだリ火災を引き起こすかもしれないのです。さらに家の外に出ても危ないブロック塀や空家などが見えて来ます。行く手にはガソリンスタンドや歩道橋や橋などがあり、それらが崩壊して渡れなくなるかも知れません。近くに川があればそこから水が溢れ出して来るかも知れないのです。
まさしく減災は「想像力」なのです。あまり悪いことばかり考えて萎縮することもいけませんが、わが家族わが身を守る為と考えればそんな想像も必要なのです。

先人の知恵を忘れずに、日頃から災害を意識する

 とにかく逃げるしかないあの大津波の恐ろしさは3.11東日本で身を染みて実感したことですが・・・、実は11月5日が「津波防災の日」であることはあまり知られていません。150年以上も前の嘉永7年(1854年)11.5紀伊半島を襲った安政南海地震の大津波で、収穫されたばかりの稲穂に火を放ち暗闇の中で高台に村民を導いた「稲村の火」の逸話から総務省が制定した日なのです。
確かに今も巨大地震の可能性は首都圏をはじめ東南海トラフ沿いの関西方面の人口密集地に巨大津波が襲う可能性があるのです。しかもそれが真夜中かも知れません。その時灯りをどう確保し、どこにどう逃げるか?です。3.11での釜石の小中学生の自主避難の勇断は記憶に新しいことですが、石碑には「100回逃げて100回来なくても101回目も逃げる」と記されていることに感動です。

参照(外部サイト):内閣府「津波避難3原則」ホームページ

<仙石線の高架で止まった家(塩竃市)(撮影:天野彰)>
<仙石線の高架で止まった家(塩竃市)(撮影:天野彰)>




************************************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!次回お楽しみに♪
************************************************************************




【BACK NUMBER】
 有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!