コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?

―あの度重なるいろいろな災害からいかにしてわが家わが家族を守れるか?果してリフォームなどで…?―

○今回のポイント 1 日本は国土的に災害に向き合い、対策が必要
○今回のポイント 2 日本全体で「減災」について真剣に向き合うことが重要

 しかも誰もが自信を無くした、あの3.11東日本の大災害が起こり、すでに7年の年月が流れ、その間もこれでもかとあちこちでいろいろな災害も発生しています。特に東南海の巨大地震のおそれもあり、それらのすべてに対処した防災など考えようもなく、本音では、ま“来たら来たで仕方がない”などと諦めムードであったり、手入れの必要な持ち家など処分して、安全そうな場所の家賃だけ支払う賃貸住宅に移り住む?などと開き直っている人も多いのです。

震災から7年経って見える現状

 しかし住むと言うのは人あっての家や街や都市であり、それが社会なのです。そこでこそ人は活き活きと生きて行けるのです。悲惨な東日本の災害に際して、人々がいくら復興だ、帰還だ、と叫んでも、人々はその難しさとをまざまざと見せられてもいるのです。
7年経った今となり、実はあれは災害などではなく事故であり、人災であって最大の責任は無策の行政や政治にあると言う人も多く。特に福島の原発事故は予備電源を低い海側に配置するなど、建築の専門家から見ても明らかに予測設計不備の企業責任であり、関係機関、行政の責任であり、リスキーな(思ってもいなかった?)原発電力を選択した政治責任を問われる所以なのです。
しかも今もそれを稼働させ続けなければならないのも社会が必要とし、企業利益であり、CO2削減の大義名分である


<仙台閖上地区のわずかな防護壁さえあれば助かったであろう木造民家(撮影:天野彰)>
<仙台閖上地区のわずかな防護壁さえあれば助かったであろう木造民家(撮影:天野彰)>

日本は、地盤改良と老朽化した交通網の強化が必要

 まさしく防災の理念とは古今東西人民を守る街や国家の首長の責任であり義務だったはずです。国防は外交努力と備え、さらに自然災害はまぬがれようもない火山列島でプレート地震国の日本は地層地形から見た地盤利用の選択指診と同時に河川とその伏流水を含めた地盤改良補強が急務なのです。
その上に建つ都市の耐久年数から見た治水土木、さらに縦横に発達した交通網の橋やトンネル、老朽高架の根本的なやり替えが急務なのです。
僅かばかり人に供し、しかもたった一時間弱の短縮時間のためにリスキーなアルプス抜けの政治的イベントの鉄道工事に10兆円をも掛ける首長の判断は、オリンピックや万博建設工事同様、どれほど国民の真に支持を集められるのか、さらにその費用があれば、どれほど多くの国民を災害の危機から救えるかを考える必要があるのではないでしょうか?


「減災」について真剣に考える

 この3.11は原爆被害と、津波災害の国である政権を担う人や専門家たちは皆、ちょっと足を留め、今一度考える日で、同時にそんな国に住む人々も、たとえ災害は防げなくとも家族の命だけは守る「減災」を考える、「想像の日」ではないでしょうか。
福島では「3.11は終わってはいない。事故災害は始まったばかりだ!」と言うのです。

<いざと云う時に農機具や家畜共々逃げ込む円形集合住宅シェルタ-(天野彰)>
<いざと云う時に農機具や家畜共々逃げ込む円形集合住宅シェルタ-(天野彰)>




次回からは改めて住むこと、守ることを考えて見ましょう。


************************************************************************

★次回お楽しみに♪
************************************************************************




【BACK NUMBER】
 有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!