コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?

○今回のポイント 1 家相の根底にあるのは、家族が快適に暮らせる考え方
○今回のポイント 2 全て家相通りは難しいからこそ時代に合わせて変化する家相
○今回のポイント 3 「町家」は狭い都市部の家で適度に家相をとり入れた家

 こうして家相の方位の共通点を調べその原因を調べてみますと家相には、単なる縁起担ぎや八卦ではなく家と住む人の深いかかわりがあることが分かります。 どの部屋にも光と風が通るシンプルな間取りで開放的空間。(居心地)
シンプルな間取りで住む人がスムースに動きやすい。(動線)
間取りに懐(ふところ)があり余裕があり豊かさがある。(安らぎ)
家族や住む人の溜まり“場”がある(居場所)
光と風の流れを意識し抑制する「張り」と「欠け」がある。(環境)
骨組みと壁のバランスがよく地震・台風の災害に配慮。(安全)
などなど、気候と時間さらに住む人の行動と起こりうる火災などの危険に対処した体験的で歴史的なことが底辺にあることが分かるのです。なんとこれは現代の家づくりでも最も重視すべき注意点でもあるのです。それに加え住む人のドラマや運命までも示し注意し、その効果までを喚起していることに驚きます。

なんと“家族重視”の家づくり

 家族との関係がよさそうな部屋のつながり間取り。(配置)
敷地、土台、床下に水周りに湿気が回らず水はけが良い。(健康)
老親と本人、さらに子夫婦と孫と四世代までが一緒に住む。(世代同居)
最後までわが身を支えてくれる間取り。(自助自立)
狭くても広々とした狭“楽”しい間取りで省エネ。(経済)
なんとこれは、“ハウス”から“ホーム”となった現代の住まいづくりの教本とも言えるのです。
しかも、その指示にはいろいろな緩和?や方位の良し悪しと、その中間さらに幸運の方位の段階を示し、その方法を説いているのです。なんとこれこそ日本の季節や風土さらには地形ならではの「いい家」を建てる先人たちの家づくりの知恵の集大成であることが理解できるのです。
そうであればこれはできるだけこの家相に従った方がよさそうですが、そうは言っても実際にはなかなか家相盤の通りには行きません。トイレや玄関が少し鬼門の北東に引っかかったり、キッチンが掛ったりしてしまうこともあります。
そんなとき、家相家によっては人が出入りするそれらのドアさえ当たらなければ大丈夫とか、便器に当たらなければ良いとか、さらに現代はほとんどが水洗なので汚水桝など汚水系が溜まるようなところを避ければよい?とか、キッチンもレンジなど裸火は避け、IHレンジなら良い?などと、時代に合わせた現代家相家もいるのです。


<都市ならではの中庭を立体的にとらえた風の通りの良い町家(画:天野彰)>
<都市ならではの中庭を立体的にとらえた風の通りの良い町家(画:天野彰)>

「町家」は都市部で家相をとり入れた家

 こうして気になることを取り除いて、ひょっとしたら良いことがあるかも知れないなどと思って暮せるのは楽しいことです。しかしなによりもこうして家族皆や設計士などとプランを真剣に検討している間に家族一人一人の想いや好み、さらなる家族の将来の姿などが見えて来て、改めて家相を検討することは良いことだと思うのです。
が、都市に住み狭い敷地に軒を連ね、目いっぱいの家をつくり、庭も猫の額ほどでとても家相どころではありません。しかし早くから都市に住む都の人は壁で区画してコートハウスの方が合理的と、町家を生み出したのです。
このコラムでは何度も出てくる町家の家は、本来中庭は凶相と言われているはずですが、逆に中庭プランの見事なほどに家相を守っているようすが伺えとても興味深いものです。
次回からはリフォームでいかに災害を防ぐか?「減災」のお話しです。




************************************************************************

★次回お楽しみに♪
************************************************************************




【BACK NUMBER】
 有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!