コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは

○今回のポイント 1 家相の前に、本質として家族の住みやすさを大前提としたプランを考える
○今回のポイント 2 家づくりの家相は風水ではなく、長年の居住体験を基にした家づくりガイド

新しい「家相盤」の発見?

 などと言うと大げさですが・・・、あの若きエンジニア夫婦の「経済封鎖事件」を機会に、その同じプラン(イラスト)で、多くの家相家の診断をもとにチェックしてもらったのです。

<イラスト:経済封鎖を受け家相に従った家のプラン(画:天野彰)>
<イラスト:経済封鎖を受け家相に従った家のプラン(画:天野彰)>

 その診断例をすべて重ねて、ほぼ30度毎(45度毎の家相家もいる)の方位ごとにそれらの“障り”の濃さ順に度合いが分かる私なりの「家相盤」をつくってみたのです。するとなるほど各家相家ともに真っ黒になるようなところは最凶で、あとはグレーの濃いところは凶、さらに薄いグレーは小吉で真っ白な方位は障りなしとなります。さらに各家相家は良相の例を挙げ、それらの丸印は中吉で、さらに二重丸は大吉で大いに幸運と言うことになるようです。私なりに勝手に平均して作った「家相盤」(イラスト)です。


<イラスト:何人かの家相家を尋ね診断の結果をまとめた私流「家相盤」(画:天野彰)>
<イラスト:何人かの家相家を尋ね診断の結果をまとめた私流「家相盤」(画:天野彰)>

 私としては数人の専門の家相家の “後ろ盾”?による「家相盤」で、おおむねこの方位に従って“障る”ところを避け、同時に自分たちが暮らしやすいプランを適合させることが自分自身の「良相の家」の設計手法となるのです。しかも住む人のこの先の生活の予測や、好みの再確認と言った要素となることだと実感をしたものです。

ポイントは鬼門を把握し、水回りや玄関を避けて自由にプランニングする




 もともと私自身が建築家として掲げる「良相の家」とは、風通しが良く同時に住む人の気も通う、動きやすくぐるぐると回れる家こそ健康で幸せなプランと考え提案していたのです。
三重県津市にある「ひまわり」の家の例(T邸プランと写真)などはその例で、のちのこの家相盤に合わせるとぴったりとなり驚いたものです。さらにかつての京都の町家も、狭い凹字型の平面図で中庭をかこむだけの家(プラン)と言え、なるほどきちんと家相重視で設計されていることに驚くのです。

<津市T様邸のプランと外観(天野彰)>
<津市T様邸のプランと外観(天野彰)>

 新築もリフォームもプランニングの際も、まずは住みやすさを第一義に家族が思い通りの自由な設計で推し進め、イメージプランをつくり、それを設計者に見せて「家相チェックもよろしく」と任せればいいのです。
つまり「家相盤」の「鬼門」や「張り」と「欠け」(全長の半分以下の凸凹)を家の北東と反対の西南方位の30°から45°の間を「鬼門」と「裏鬼門」として重視し、その方位にこれらの「張り」と、「欠け」と水回りと玄関などの出入口などの“障り”だけは必ず避けるようにチェックするのです。
こうした最低限の「家相」さえ守っておけば、無理したプランにならず住みにくい家ともならず、もし何かあった場合や、さらに将来気弱になったときも、こうした指摘にあたふたと動ずることもないと思うのです。

家づくりの「家相」で重要なのは、通気による「湿気対策」

人それぞれに人相があるように家にも家相があるのです。潔癖なほど家相に従ったプラン以上に、デザイン優先でモダンな家も大きな“障り”だけを外しし、さらには運気の良い方位を優先した明るく前向きな家もあるのです。その反対に、暗くなんとなく陰気な家もあるのです。
しかし私がここで言う「家相」とは風水や易(えき)による家相ではなく、古来わが国で言い伝えられて来た住まいづくりのガイドとして、間取りの手法、さらに長年にわたる居住の体験をもとにした家づくり術の最大公約数としての家づくり手引きとなるのです。結果、家相重視の家は、なるほど家全体が明るく風の通りも良く家族も住みやすそうで、その後の家族の様子を見てみてもなんとなく幸せそうに見えるから不思議です。
家相や方位学などの易を「風水」と言うように、まさに居住学においての最大の要素は、「風」すなわち通気重視の「水」、すなわち湿気対策と思うのです。風がよく通ることは湿気を避け、通気が良いプランの家は夏涼しく住む家族が健康で、家自体も長持ちするのです。まさしくこれは生理学、物理学そして心理学の科学と言えるのです。
次回は家相はわが国の伝統文化の継承をお話します。


************************************************************************

★次回お楽しみに♪
************************************************************************




【BACK NUMBER】
 家相が気になる?(1)気にさせられる?
有効な家づくり(6)建築家と創るプランニング?
有効な家づくり(5)設計者を探す?
有効な家づくり(4)わが土地を探す?穴場は?
有効な家づくり(3)わが家に塾?趣味の店?で楽しく生きる
有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!