コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」


○今回のポイント 1 「家相」は約7割の人が気にされている
○今回のポイント 2 若い世代の人も「家相」に関心を寄せている

 「『家相』ってあるのですか?」
リフォームなど家づくりの際によく出る質問です。私はそんな建て主に向かって必ず、「あります!あるのです!!」と答えるのです。なぜなら、その人が「家相」はあるのか?と“案じているから”です。案じていなければ気にも掛けません。


約7割の方が「家相」を気にされている

 なにやら謎かけ問答のような話しですが…、実際の家づくりの場面で、そろそろプランが煮詰まってくる頃になると、なぜか建て主のどちらからともなく「家相」の話しが持ち上がってくるのです。どちらかの親や兄弟の誰かが気にして発言するだけで「家相」に影響を受けてしまうようです。このITの現代社会においていったいなぜなのでしょう?
以前にもご紹介しましたが、家相を気にする人があまりにも多いことに驚き、改めてアンケートでも調べてみました。私が長年担当していたWEB連載で、独自のアンケート調査を行ったのです。その質問はストレートでぶしつけなものでした。が、多くの読者が回答され感想や意見までもいただきました。
その内容とは現在の住まいの形と、リフォームをしたい場所。そして「気になる家相」でした。
まずは現在の住まいの形は「家相」だけに、一戸建てなど持ち家の方が総計の7割以上と多く、そのリフォーム箇所や用件は、やはり水回りが圧倒的に多く、その総数は48%で、キッチン18%、浴室16% 洗面トイレ12%と、サニタリーの快適性を求めていることがよく分かりました。


アンケート Q.現在の住まいは? Q.現在の住まいでリフォームした場所はどこですか
アンケート Q.現在の住まいは? Q.現在の住まいでリフォームした場所はどこですか



 今、子どもたちが育ち出て行って、改めて夫婦と男と女を見直してリフォームをしたいものです。その健康と美、そしてその“色気”が醸し出される家、特に浴室や脱衣室。さらには寝室、間仕切りの壁も変化のある開閉式にし、ムード照明や間接(建築)照明、さらに鏡さえも多用して、広々とさらに開放的空間にするのです。
そう、ムードのある「夫婦だけの空間」にするのです。
「そんな、今さら恥ずかしい!」と?
そう、これこそが色気の原点で、美容や健康で長生きの住まいとなるのです。 次回から改めて、「家相どこまで従う?」です。


子が巣立ち夫婦の家をつくる際には、“色気”を大切にする

 反対に収納(14%)内装インテリア(9%)と、かつてに比べて少なく、耐震補強リフォームも意外に11%と低かったのです。
そして肝心の「家相が気になる?」ですが、なんと「なんとなく気になる」を含め、総数で68%とほぼ7割の人が気にしていたのです。さらに驚いたことは60代の人が70%を閉めることは予想通りとして、20~30代の若い世代が70%以上と、意外に「家相」を気にしていることでした。
この調査自体がインターネット世代を対称にしていた割に家相の関心の深さを知ることができたのですが、有効回答数が156と少ないことから、機会があればさらに詳しいアンケートをしてみたいと思っています。


アンケート Q.家相は気になりますか?
アンケート Q.家相は気になりますか?



次回も、「家相どこまで従う?」です。
************************************************************************

★次回お楽しみに♪
************************************************************************




【BACK NUMBER】
 家相が気になる?(1)気にさせられる?
有効な家づくり(6)建築家と創るプランニング?
有効な家づくり(5)設計者を探す?
有効な家づくり(4)わが土地を探す?穴場は?
有効な家づくり(3)わが家に塾?趣味の店?で楽しく生きる
有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!