コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力

○今回のポイント 1 「あるじ」を中心に家族が集まる家を考える
○今回のポイント 2 家に必要なのは人の心の動きに合わせた自由な空間


 家族とはその自由な「間」の中で接しながら、さらにそれぞれのしたいことをし、自然や外界とも接し、深い思想をさらに高めて来たのです。数奇屋造りや茶室はそんな思想の中からさらに極め、生まれ育まれてきた和の文化です。昨今、各地で取りざたされている親子の問題、夫婦の問題、そして老人の問題、さらにはいじめなど、肝心要の生きる問題のすべては、開放的な住まいから今の住まいの形「壁の住まい」が原因ではないかと思えてなりません。


日本の古い住まいに家族の形を見る

<白川郷唯一の暖房の囲炉裏(写真:天野彰)>
<白川郷唯一の暖房の囲炉裏(写真:天野彰)>



 写真は、家族が合掌の一つ屋根の中で、一つの炉に暖められて住む、白川郷の合掌造りの家です。遠く江戸時代の生活を今に残しているのです。今はライトアップされ、妙に見世物化された賑やかな郷となっているものの消灯後の観光客が去った後の山村にはかつての静けさが戻り100年以上も前と同じ空気を吸うことができ心が洗われます。その合掌の多層空間の中で、家族がそれぞれ「間」と「場」を重んじ暮らしていたことが伺われるのです。


 そこには統率されたルールがあり、「あるじ」の居場所を定め他の家族の場を決めているのです。「家相」はそのあるじの居場所から考えていたのです。そこが家の中心でもあり、象徴ともなるのです。それにより家族の求心力が生まれ、家族のそれぞれが自由に活躍できるのです


家・公共の施設も同様に、人が自然と集まる場をつくる

 私はそれを住まいづくりに限らず、病院にも、公的な施設にも国際的なコミュニティ施設でもこの設計手法を取り入れ、確たる結束の家としているのです。
<青森市社会教育福祉センターの計画案(写真:天野彰)>
<青森市社会教育福祉センターの計画案(写真:天野彰)>
<UIAウイーン国際会議場コンペ応募案(写真:天野彰)>
<UIAウイーン国際会議場コンペ応募案(写真:天野彰)>


 模型写真は「青森市社会教育福祉センターの計画案(生田勉氏共同設計)」と「UIAウイーン国際会議場コンペ応募案(鈴木エドワード氏などと共同(1969年)」です。
前者は若者、婦人、青年さらには老人が敷地の四方から 寄って来て真ん中のホールに集まり、コミュニケーションがまさに自然に“回転”する仕組みです。国連会議場の案は、世界の人々やあらゆる分野の人々の情報や知恵が回り込むようにやって来て、大きなコンベンションを回らせる。それこそ私が考えるベクトルでありモーメントでそれぞれのが“回る建物”と言えるのです。


<モーメントとベクトルで回る(雑誌抜粋:天野彰)>
<モーメントとベクトルで回る(雑誌抜粋:天野彰)>



家は人の動きに順応した自由な空間

 その後こうした公共建築の設計チャンスにはなかなか恵まれませんでしたが、私は多くの住宅設計で住まいづくりのプランニングの手法としているのです。その中で住む家族がそれぞれどう動くか、どんなドラマを展開するのか?が大きな勉強と設計の楽しみとなりました。

家は個室や部屋の集まりではなく、もっと自由なコーナーのような、あるいは懐(ふところ)のような自由空間によって構成され、人の心と動きが何よりも優先されるものだと確信したのです。

次回のテーマはまず夫婦のことを考えるです。

************************************************************************

★次回お楽しみに♪
************************************************************************




【BACK NUMBER】
 有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!