コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?


―私たちはどこに住むか?そしてどう暮らすか?今その建てた家に縛られている人がいかに多いことか?と言う大きな疑問があります。―

○今回のポイント 1 日本古来の開かれた家は「家族の本質」
○今回のポイント 2 プランニングは間取りではなく、様々な用途を想定した「場取り」
○今回のポイント 3 柔軟な住まいの実現には「間」と「場」の使い方が重要


壁に囲まれた閉鎖的な家から開かれた家へ

 私たち日本人は心情に雨露をしのげればと言った「傘の家」の本音を持ちながら・・・、気が付いたら汎用するベニヤ板やコンクリートの集合住宅の「壁の家」になっていました。
住まいの中も、間仕切りも壁でしっかりと区画され、気密性も高く、冷暖房も良く効く快適な?家となって居ます。反面、家族は密閉され、個室化されます。家族はその間取りによって左右され、しかも高層住宅によってコミュニティが阻害され、夫婦や親子はおろか社会との関係も悪くなることさえあります。しかもそれらは老朽化し、区分所有と言うジレンマに束縛されているのです。
私はこうしたことから、住まいは開かれたものとして、それを極力閉鎖的にかつ固定されたものとせずにプランニングを心がけてきました。なぜなら人は育ち、やがて老い、家族もそれによって変わり、世間も大きく変わっていくと思うからです。なんてことはありません、それこそ古来日本の家の形であり、家族の本質だからです。


【場取り】のプランニングで、自由に使用できる場を配置する

 そのプランニングとは、「間」を取る「間取り」とは言わず、あえて家族がそれぞれ住む「場」として「場取り」と言っているのです。
住まいは家族 が一緒に暮らす所です。リビングやダイニングさらに寝室や子ども部屋など、決まった「部屋」の配置、すなわちそれが「間」で取るのではなく、家族それぞれがいろいろなことをする「場」と考え、その場を配置するのです。
家族がそれぞれが生活し、居る「場」で、自分の居場所や持ち物などを置く「場」であり、さらには立場や存在を示す「場」なのです。これらを合わせて配置することが、「場」のプランニングであり、物理的な「間」取りではなく、生活の「場取り」なのです。

<イラスト:「創始の家」と「江戸の裏長屋」の場の家(画:天野彰)>
<イラスト:「創始の家」と「江戸の裏長屋」の場の家(画:天野彰)>

そして今求められるのは住まいの中の風通しの良さや、台所やトイレ、浴室など、住まいの主要設備は、人の体に例え、肝心(腎)要の重要な「所」と考えるのです。これこそ伽藍や屋敷を建てる際、その項目の縁起に注意を払いながら、「場」や「所」を配置してきました。それこそが「家相」なのです。拙著「建築家が考える『良い家相』の住まい」(講談社刊)の執筆時におおいに学び、その真意に驚き感銘を受けたものです。

柔軟な住まいを作るのに重要な「間」と「場」の考え

 建築のみならず「間取り」の「間」とは、部屋ではなく、もっと深い意味の事象で、空間・時間・人間の「間」であり、唄(うた)や舞(まい)囃子(はやし)などの調子の「間」でもありこれがすべての作品に潤いとリズムを与え、まさしく「空」あるいは「無」の間なのです。

<(著者:天野彰)>
(著者:天野彰)



 「間」は夫婦の間、親子の間、外界との間、世間との間であり、柔軟な空間です。英語のSpace=「何もない空間」の方が、本来の「間」に近いのかも知れません。そんな不可解とも言える掴みどころのない「間」と「場」を家の形にすることこそこれからの変化にも柔軟に生きて行ける物となるのです。
次回はこの「場取り」の手法?をお話をします。

************************************************************************

★次回お楽しみに♪
************************************************************************




【BACK NUMBER】
 家相が気になる?(1)気にさせられる?
有効な家づくり(6)建築家と創るプランニング?
有効な家づくり(5)設計者を探す?
有効な家づくり(4)わが土地を探す?穴場は?
有効な家づくり(3)わが家に塾?趣味の店?で楽しく生きる
有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!