アトリエ4A|設計事務所アトリエ・フォア・エイのホームページです。 コラム



コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?


○今回のポイント 1 子どもに部屋を“貸す”のは、巣立った後の部屋に明確な目的を持つことが大切
○今回のポイント 2 貸した部屋は夫婦のプライベートとしても、共有スペースとしても使えるよう工夫する

 「子どもに部屋を与えるのではなく “貸す”」考えで、と述べてきましたが・・・。
実は子どもが育って進学や結婚などで出て行ったあと、夫婦二人だけになった家での親の生活はどうかと言うと、まったく何もしないでそのまま部屋残しつつ、持ち物もそのまま残していたり、何のこだわりもなく奥さんがその空いた部屋の一つに入り込みそのまま寝る!寝室にしている例も多いのです。

子供の巣立った部屋で夫婦バラバラは危険
 いったい何のために子に“貸して”いたのでしょう?確かに子どもに「俺の部屋」と言わせないためではあったのですが、子育てののち狭かったわが家を夫婦で広く使い家事室や書斎あるいはアトリエにするなどにして悠々自適に老後を過ごすためのはずではなかったのでしょうか?
それがかえって夫婦が寝室を別々にして、バラバラになってしまっては何もなりません。しかもこのことが危ないのです? 大袈裟に云うと夫婦に危機が訪れたり、どちらかが体調を崩し思わぬ事態で不運にも亡くなることさえあるのです?これは大変です。
しかし現実には、圧倒的に自分たちの寝室を希望し、夫婦別寝になることが多いと言うのです。ましてや夫は一階の和室で、妻は二階の寝室?!これが危険なのです?一階で何か異変があっても上で寝ている奥さんには伝わりません。朝になったら・・・?と言うことも多いのです。

有効的に使える、【夫/婦寝室】
 そこで、狭かった寝室を書斎か納戸にして、二つの子ども部屋の間仕切りを壊して一つの大きな寝室にするのです。その間をイラストのように引き戸にして「夫/婦寝室」とするのです。互いのいびきの騒音?や、寝る時間差、寒暖の温度差に応じて、開けたり閉めたりするのです。これなら何か互いに異変があってもすぐに分かります。

<子ども部屋を一つの夫婦の寝室にいざとなったら開ける(画:天野彰)>
<子ども部屋を一つの夫婦の寝室にいざとなったら開ける(画:天野彰)>

 更にコンパクトに夫婦の生活の場を収束させ「減築」し、改装して一部を人に貸せるアパートや下宿屋にするのです。賃料のためだけではありません。この先老いの生活でなにかあったときのためで、第一寂しくありません。
家を建てたり大幅なリフォームをするときは、老後のこうしたプランを下地に描き、そのうえで子どもにその一部の部屋を貸すのです。

************************************************************************


★次回お楽しみに♪



【BACK NUMBER】
 有効な家づくり(4)わが土地を探す?穴場は?
有効な家づくり(3)わが家に塾?趣味の店?で楽しく生きる
有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!