amanoakira お役立ちコラム
「天野彰の快適住まい」

若い人に告ぐ(3)「老楽しく住む家」の必要素トイレ(1)

○今回のポイント 1 トイレは老いの暮らしの3大必要素の一つ
○今回のポイント 2 トイレの機器・機能


 いきなりトイレのお話となりますが、老いの暮らしではトイレが何より重要になるのです。特に「老楽しく住む生活」で大切なスペ-スは水回りとなるようです。ではいったい何が栄養素ならぬ老いの住まいの必要素なのでしょう。



トイレは老いの暮らしの3大必要素の一つ

 中でも一番大切な設備がトイレです。トイレはベッドの脇にまさに「尿瓶のような」感覚で使える場所にすること!です。



イラスト1:豪華トイレ(イラスト:天野彰
<イラスト1:豪華トイレ(イラスト:天野彰>



 確かに若い人でも冬の寒い夜などはトイレに行く回数が増えます。夜中に何回も起きてベッドや寝室の暖かさから、急にブルッと震えるほど寒く冷えた廊下を通って、冷えたいトイレヘ行くことは脳梗塞や心筋梗塞発症の危険もあります。

 実際にこうした疾患は若い人にも多く見られます。

 理想を言えばトイレは寝室の至近距離か、寝室の中にあることが望ましいのです。実際に60歳で家を建てた人で、カーテン一枚のしきりでもいいから、寝室の中に専用のトイレが欲しいと言う方もます。

 しかし夫婦で寝室を使う場合には、いささかそれでは気になるので、やはり最小スペースであってもドアを付ける必要があります。あのホテルのバストイレのように専用のトイレなら軽い間仕切り一つで済み、コストも便器と配管だけで30万円ほどでできます。これで命が助かるなら安いものです。

 実際にこうした疾患は若い人にも多く見られます。専用のトイレをつくらない場合でも、寝室のドアを開けたらすぐトイレがあるような配置を考える必要があります。できればその廊下も途中を閉めて、暖房をしたいもので、それほどに寝室とトイレの“寒暖の差”には注意をすることです。



トイレの機器・機能

 またそのトイレには洗浄装置付きの暖房便座が好ましく、洗浄の仕方や暖房温度のコントロールのしやすいもので優しく洗浄能力が良いものを選びます。乾燥のための温風などはあまり使う人も少ないのですが、いざ自身で腰を持ち上げられない時には必要になるかも知れません。

 こうした進化する機能の実用生について、メーカーはデザインやハイ機能ばかりではなく、実際に高齢になっても使いやすいもの、“優しい便器”を考える必要があります。例えば流すことを忘れた場合の為と、用が済んだ後の自動排水などはしない方がいいのです。

 実際、自身の排便情況をきちんとチェックできることが望ましく、これは介護施設でも同様に介護・看護側が確認する必要があり。何よりも物を落とした時などに困ることで、しかも流すことを忘れないための脳のリハビリにもなりません。

 さらに凝ったデザインの為に介護のために邪魔になる形や蓋などもあり、後日お話しする「手つきトイレ」などすっきり便座が薄く、フラットの方が使いやすいこともあるのです。


写真:手つきベンチ式トイレ 珪藻土ボード 総檜(N邸)(写真:天野彰
<写真:手つきベンチ式トイレ 珪藻土ボード 総檜(N邸)(写真:天野彰>




では次回はこの住まいの大要素トイレの仕上げと設備についてお話します。

************************************************

★隔週最新コラム公開中! 次回お楽しみにに♪

************************************************




【最新テーマ】

若い人に告ぐ (5)「老楽しく住む家」暮らしの必要素浴室(1)
若い人に告ぐ (4)「老楽しく住む家」の必要素トイレ(2)
若い人に告ぐ (3)「老楽しく住む家」の必要素トイレ(1)
若い人に告ぐ (2)「老楽しく住む家」の暮らしとは?
「老楽しく住む家」 わが家の危険?!




【BACK NUMBERを見る!】⇒


天野彰のホームページを見る!


since 1966
住宅・医療・福祉施設設計監理

アトリエ 4A

一級建築士事務所
株式会社アトリエ・フォア・エイ

〒150-0046
東京都渋谷区松濤1-5-1
マストライフ松涛203
TEL:03-3469-2461
FAX:03-3469-1339

お問い合せメールmail