amanoakira お役立ちコラム
「天野彰の快適住まい」

夜長を楽しむ 愛を育む照明とは?

○今回のポイント 1 油に頼らない「省エネ」な生活を日頃から心がける
○今回のポイント 2 調光器や間接光などを組み合わせてドラマチックな空間を演出


 えッ?もう夜?!と思えるほど陽が短くなりあっと言う間に冬になり灯が恋しくなります。これから冬を迎えようとしている今、なぜか産油国の石油の減産で上がり始めているのです。こんな時、あの48年前の10月16日、原油高騰から政府の石油価格の引き上げ宣言で突如トイレットペーパーがスーパーから消え、物がなくなって銀座の灯が消えた光景を思い出します。


オイルショックの再来か?

 大阪万博後の高度成長の好景気が音を立てて崩れ始めたのです。第1次オイルショックの始まりです。建築現場も材料が高騰し、工事は動かず見積もり調整を強いられたのです。建築を断念、仕事も無くなり、さらに78年のイラン政変による第2次オイルショックまでと苦渋の生活を強いられたのです。 今、このコロナ災禍の後に、さらに石油の高騰とは?またもあの寒い冬を過ごしたオイルショックの再来か?と不安になります。改めて石油すなわち油の「油断」で一躍作家として名をはせた元通産官僚の池口小太郎氏こと、あの堺屋太一氏(故)の説いた資源を持たないわが国の経済や生活がすべて「油」によって生かされていることを思い知らされるのです。
コロナ禍もやや下火となり?街の夜も明るくなり始めましたが、脱酸素で再生エネルギーが口先だけで叫ばれもしていますがまだまだほど遠く、やはり地震などの災害時のようにひとたび電気や水の供給が止まると裕福な生活があまりに脆弱であることに気づかされます。


合理的で持続性のある省エネルギーとは“省生活”?

 こうしてみるとやはり今できることは住まいの断熱性能をさらに上げ、エネルギーの節約も心掛け、日常のオン・オフを小まめに行い、明る過ぎ、暖か過ぎる今の生活からやや寒く少し暗く、少し不便の生活すなわち“省生活”?に心掛けることなのかも知れません。
こうしたことをいきなりパッと切り替えるのでは無く徐々に出来ることから勧めるのです。住まいも職場も室温の設定を数度でも落とし、コロナ対策で換気も小まめに行ないつつあまり室温を下げことも避けるのです。煌々とつけていた電灯も、時には電灯を消してろうそくの明かりや月夜の明かりを楽しむまさに省生活で暗さを愉しむのです。普段にはない生活体験も時には必要なのです。


照明計画とは夜を楽しむ照明テクニック

イラスト:生活に合わせた効果的な照明器具の配置(図:天野彰)
<イラスト:生活に合わせた効果的な照明器具の配置(図:天野彰)>


 照明器具の配置も生活行動や展示物の照明と使い分けることで贅沢な夜のシーンを醸し出すことができます。さらに光源が見えないように壁や天井の随所に組み込んで間接光の建築照明を施すと優しい光の空間となり、階段の照明も手すりなどにLEDのライン照明を組み込むことで足元が明るくなります。

階段手すりに組み込まれた足元照明(写真:天野彰)
<階段手すりに組み込まれた足元照明(写真:天野彰)>



 こうして舞台の演出のようにライティングは今までの室内がドラマチックになり、家族の表情も豊かになり優しく元気になり、さらに“省生活”なのです。あかりは古今東西、暗い夜の薪(たきぎ)で、囲炉裏や暖炉が家族の中心なのです。




次回はリビングがシアター?にです。


************************************************


★隔週最新コラム公開中! 次回お楽しみにに♪

************************************************




【最新テーマ】
 若い人に告ぐ (2)「老楽しく住む家」の暮らしとは?
「老楽しく住む家」 わが家の危険?!

世相変化の家(3)「最期まで活きる」
世相変化の家(2)「在宅避難」セルフ・ディフェンス・ハウス
世相変化の家(1)ウイズ・コロナ?まずは簡単耐震補強



【BACK NUMBERを見る!】⇒


天野彰のホームページを見る!


since 1966
住宅・医療・福祉施設設計監理

アトリエ 4A

一級建築士事務所
株式会社アトリエ・フォア・エイ

〒150-0046
東京都渋谷区松濤1-5-1
マストライフ松涛203
TEL:03-3469-2461
FAX:03-3469-1339

お問い合せメールmail