amanoakira お役立ちコラム
「天野彰の快適住まい」

住まいの知恵(4)壁を溶かし?空間ロボット?誕生

○今回のポイント 1 間仕切りすべてを取り払い広いワンルームにする
○今回のポイント 2 収納を間仕切りにし、自由に移動できるように


  狭苦しい今の2LDKが広い1LDKになったり、逆に3、4LDKになる!など、“壁を溶かして”家族の都合に合わせて自由に間取りが変えられたらどれほど広く愉しいことでしょう。


2LDKの間取りをすべて取り去りワンルームに!

 まさしく骨だけにするスケルトン・リフォームで、今の2LDKの間仕切りをすべて取り払い、大きなワンルームにしてしまいます。するとなんとこれが今までのわが家か?と思えるほど広々とした空間が現れるのです。 改めて京都などの狭い茶室に行ってみましょう!京都でなくとも本格的茶室ならどこでも!スケールの縮まった空間に入ってみるのです。ここに暫く居るとなぜか広さも感じるようになるのです。そして改めてスケルトン・リフォームでワンルームとなった2LDKのわが家を見てみるのです。

 広い!これはもう豪邸です!
ダンスもできる贅沢の極みです?!これが空間を読み取る狭い広いスケール感覚の逸脱で拡大縮小の不思議な錯覚なのです。 いっそ、このままワンルームで家族一体となって住もうか!とさえ思えて来るのですが・・・、やはり収納が欲しい。それぞれの個室も欲しい。


間取りが変わる?「間仕切り収納ロボット」誕生

 そこで先ず片方の壁側にトイレなどの水回り、その反対にすべて壁面収納にするのです。しかしまだまだ広いワンルームです。が、やはり個室が・・・となります。

その空間の真ん中にL字形か十字形の収納壁を造ります。と言っても、これは天井すれすれの高さの収納家具で、なんとキャスターも付いているのです。これをゴロゴロと動かすとそれに連れて4つの空間が現れます。しかもそれぞれの空間やコーナーが伸縮して変化します。



イラスト:自在屏風「間仕切り収納ロボット」生活維持装置(画:天野彰)
<イラスト:自在屏風「間仕切り収納ロボット」生活維持装置(画:天野彰)>


写真:壁面収納間仕切り動かないが白板、開ければ本棚(アトリエ4A)
<写真:壁面収納間仕切り動かないが白板、開ければ本棚(アトリエ4A)>



 なんと!ワンルームの間取りが自在に変わるのです。この位置や角度によって家族の暮らし方まで変わってくるのです。まさしくあの江戸の裏長屋の屏風(びょうぶ)です。

これこそまさに動く屏風「間仕切りロボット」で生活維持装置でもあるのです。昼間使わない寝室は最小にしてリビングダイニングを広く使う。子どもが居ない時は子ども部屋を最小にしてさらに広くして。そして夜、休む時はスイートルームのようにゆったりした広い寝室にするのです。

 こうしてこの災禍の終息を待ちつつ、あえてわが家で時を愉しむのです



************************************************

★長く続く感染拡大の中、果敢に戦っていらっしゃる医療従事者の皆様方に心より敬意と感謝を申し上げます。

************************************************

★隔週最新コラム公開中! 次回お楽しみにに♪



【最新テーマ】


住まいの知恵(4)壁を溶かし?空間ロボット?誕生
住まいの知恵(3)空間の狭さから解放する
住まいの知恵(2)憂鬱な時代のアクティブな家とは?
住まいの知恵(1)続く緊急事態宣言下の住まいの工夫

親と住む子と住む(7)秘策!「狭い土地にも同居“共働”住宅」?
親と住む子と住む(6)秘策!「二世帯“含み”住宅」?
親と住む子と住む(5)親子「べったり同居住宅」とは?
親と住む子と住む(4)親の本音と子の本音?
親と住む子と住む(3)二世帯住宅は鬼の住み処か?
親と住む子と住む(2)新同居?の家のカタチとは
親と住む子と住む(1)母を喪って超長寿時代を実感!



【BACK NUMBERを見る!】⇒


天野彰のホームページを見る!


since 1966
住宅・医療・福祉施設設計監理

アトリエ 4A

一級建築士事務所
株式会社アトリエ・フォア・エイ

〒150-0046
東京都渋谷区松濤1-5-1
マストライフ松涛203
TEL:03-3469-2461
FAX:03-3469-1339

お問い合せメールmail