コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生


― 雅な京都祇園は、匠の技によって建てられた良質な木の家である ―

○今回のポイント 1 本物の木の家「京都町家」は観光として外国人に買われている
○今回のポイント 2 古民家ブームは一時的、本質的な町家文化の再生こと必要である
○今回のポイント 2 本質的な意味での再生とは、職人による【匠の技】 和の骨格と設え(しつらえ)の粋な文化


 かつて東京に住む私たちにとって高根の花とも言えた京都祇園での粋な飲み屋から足が遠のいて、その代わりにパブやクラブのような飲食店が増え、さらに観光化され祇園の雅(みやび)は既に見世物化されていることに口惜しくて仕方ないが、全国的な展開でこれも時代かな?

写真1:四国徳島脇町の二段?の匠の技:撮影筆者(画:天野彰)
写真:四国徳島脇町の二段?の匠の技:撮影筆者(画:天野彰)


 その和の文化が際だつ京都の町家までもが外国人に買い漁られていることに大きな違和感と危惧を持つのです。確かにこうした古民家人気はわが国でも古くからありブームにもなって、古い家が解体されると、わざわざ柱梁を探りに来るほどの古民家ブームになったこともありました。その古民家をそのまま移築したり再生して飲食店にしている例も多いのです。しかしその真意は良質な木の家で、丁寧な大工や職人による匠の技で建てられたものが多く、それこそ本物だからです。
残念なことに、そんな真意は別としてそれらが興味本位の観光価値があると言うことで、民泊などとして買われ、東京オリンピックを契機にひと儲けしようとするあさましくも一時的なことで悲しいのです。
出来れば本質的な意味と意義で再生され、和の文化を継承できることが京都の特異な町家文化の保存となるのです。その真意こそ、柱梁の軸組と仕口の技で、和の骨格と設え(しつらえ)の粋な文化なのです。まさに木の家の再生こそ、すなわち大工の軸組と左官(さかん)による仕上げの妙なのです。それこそ四国脇町(現美馬市)の商家の防火壁の?(卯建:うだつ)の鏝(こて)さばきなど、匠の技の妙が際だつものです。

イラスト:住まいの軸組再生と補強 写真2:京都町家の骨組み(天野彰)
イラスト:住まいの軸組再生と補強    写真:京都町家の骨組み(天野彰))



************************************************************************

★お知らせ

来る2/18(土)午後1時半より銀座資生堂パーラビル9階にて、
こうした老いの生活を快適に住む「人生これから、いつからでもスタート」
 ~第6回 シニア社会学会オープン講座(最終回)~
『減築とリフォームで明るい未来を』をお話しします。
ぜひご一緒にティータイムを。
お問合せ: 電話・FAX)03-5778-4728  メール) jaas@circus.ocn.ne.jp
詳細はこちらのチラシをご覧ください。

************************************************************************


★次回は、「木の家はその基礎から再生(曳家)ひきや」です。お楽しみに♪



【BACK NUMBER】
 生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!