amanoakira お役立ちコラム
「天野彰の快適住まい」

寝室(1)子どもに親の寝室を取られている?

○今回のポイント 1  家で重要なのは、子ども部屋より「夫婦の寝室」
○今回のポイント 2  寝室を快適に広くすることで、子供に公平さと親の威厳を教えられる。
○今回のポイント 3  子供部屋は夫婦の部屋を貸す感覚で


住まいで最も大切な場所は寝室です。そしてそこに住む夫婦こそ住まいの主役です。まずはその夫婦の寝室がゆったり取れているのでしょうか?「家」はもともと「戸」で囲まれた「寝る戸」で、「寝戸」すなわち「いへ」です。そう! 住まいの原点は「夫婦の寝場所」なのです。


お金を掛けずに子ども部屋と納戸をつくり夫婦の寝室をつくる?

 しかし子ども部屋を優先するばかりに肝心の夫婦の寝室が粗末されている例が多いのです。住まいの健康・心理効果でもお話したあの狭い2LDKでの暮らしを今度は親の側から観てみましょう。6畳の一つを子どもが大の字となって使っているのに比べ、親の寝室はタンスや戸棚の狭間で、歩くスペースさえなく、まさに重なり合って寝ている?のです。ま、夫婦円満で仲睦まじくて良さそうなのですが・・・。

 これではちょっとバランスがおかしいですね?しかも子どもが当たり前のようにだらしなく寝ているのはどうでしょう。図を見るように6畳の寝室?は①②③の家具がぎっしりと詰められてまるで納戸のようです。


図1:家具を動かすだけで子ども部屋と広い寝室が、納戸も(画:天野彰)
<図1:家具を動かすだけで子ども部屋と広い寝室が、納戸も(画:天野彰)>


そこでタンス①や戸棚②などをあの子どもの6畳の真ん中に運んできて仕切りとして“壁”にするのです。3畳ほどに仕切られた家具の背の側をカーテンやクロスで張ってまさに子どもの落書きボードにするのです。それが子どもの部屋です。まさにコーナーのようなものですが?子どもは意外にも大はしゃぎ!で、なんと宿題も今までより集中してやるようになったとも言うのです。なるほど子どもは囲まれているような空間の方が安心で落ち着くのかも知れません。考えてみれば子どもは段ボールに入って「おうち」などと遊ぶなど、狭いところが好きなのかも知れません。

こうして3畳以外の残ったスペースは納戸として使え、住まいのいろいろな物も置けて2LDKが広々とするのです。ちなみに以前家具で部屋を仕切るのは地震時に危険ではないか?などの指摘もありましたが、タンスと天井の間には日曜大工などで造った箱をきっちり嵌めれば倒れません。しかもその箱がさらなる収納となります。(タンスなどの倒れる軌跡の図)


図2:家具と天井の間にきっちり箱をつくり嵌める地震も大丈夫(画:天野彰)
<図2:家具と天井の間にきっちり箱をつくり嵌める地震も大丈夫(画:天野彰)>


さあ、今まであまりにも狭かった夫婦の寝室は家具も無くなりすっきりし、狭いながらも今までよりは広くなり、子どもに公平さも教えられ、親の威厳?も保たれ、ゆっくり寝られそうです。まさしく一銭もかけないリフォームでした。


新学期!お祝いに子どもに部屋を“貸す”?

家づくりやリフォームすることは子どもたちに家の意味を学ばせ、親たちへの尊敬の念を抱かせる絶好のチャンスなのです。男の子が1人いるお母さんは、一人っ子の彼を個室に閉じ込めることに反対し、親の寝室の前室、いわば広い納戸のようなスペースを遊び場兼寝場所として与えてテントを置き、彼が成長してやっと子ども部屋として区画して、残りを家族皆の書斎やパソコンスペースとしたのです。


  2人の子どもが居る家では各自に部屋は与えるものの、「子ども部屋」とは呼ばず「父の書斎」と「母の家事室」としてつくり、そこをそれぞれに貸して、しかも毎年一度、兄弟で部屋替えをさせると言う条件もつくったのです。お陰で成長するまで「オレの部屋」「私の部屋」と言うことなく大切に使ったのです。

こうして夫婦を中心とした家族が安心して平和に住め、子どもはその親の生活のもとで成長して行くのです。まさに家づくりを通じて子どもを育むのです。この子ども部屋の工夫についてはまたのちの機会に譲るとして、次回は快適寝室「夫婦は一つではない!時差と温度差がある」のお話しです。

 


************************************************

緊急事態宣言発令後も感染者数収まらない中、
果敢に闘っていらっしゃる医療従事者の皆様方に
さらに敬意と感謝を申し上げます。(天野彰)

************************************************

★毎週最新コラム公開中! 次回お楽しみにに♪



【最新テーマ】


寝室(2)夫婦は一つではなく時差と温度差がある?
寝室(1)子どもに親の寝室を取られている?



【BACK NUMBERを見る!】⇒


天野彰のホームページを見る!


since 1966
住宅・医療・福祉施設設計監理

アトリエ 4A

一級建築士事務所
株式会社アトリエ・フォア・エイ

〒150-0046
東京都渋谷区松濤1-5-1
マストライフ松涛203
TEL:03-3469-2461
FAX:03-3469-1339

お問い合せメールmail