コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

人生百歳の家とは?(2)心と身体の健康と命を守る家?


○今回のポイント 1 心の健康は壁や天井で圧迫されない風通しの良い住まい
○今回のポイント 2 家に居る時間に自由な発想で家づくり

 自粛、自粛と日々外出自粛が要請されています。住まいの中に長時間居て、しかも家族一緒で、いかに健康を保ちさらに安らぎも与えられるか?まさに今こそ本来の住まいの真価が発揮される時です。
住まいの持つ不思議な力、はるか昔から木と土と紙の自然素材だけで“粋や雅”と“侘び寂”の心理的両面を唱えて来たわが国の家は本質的に健康と心の安らぎを与えるものでした。しかも自然災害や敵襲あるいは火災に対しても懲りることなく、幾度となく同じ工法で建替えて来たと言う不思議があります。

木と土と紙の家を見直す?

 改めてこうしてわが国の家づくりの歴史を見てみると、宮殿や城郭にしても、なるほど石やレンガやタイルなどいくらでも多用出来たはずながらあえて土蔵などの漆喰壁の腰回りにだけ平瓦の生子(なまこ壁)を施した程度で、しかもそれも雨掛かりから漆喰を保護するだけの用だったものです。時代が進み西洋からレンガ造やコンクリートが入ってくるとやむなくそれを使い始めそれでもなお、わが家だけは木と土と紙の木造に徹していたのです。その理由は何よりも通気と風通しを重視していた故のことです。
それが集合住宅となり住まいを積み上げるためにやむなくコンクリート造となり、なんと一戸建てまでコストと軽敏さのためにベニヤ板造の家となり、しかも壁が主の窓の小さな欧米式の家となったのです。それは耐震、耐風さらには断熱効果もあり一般的な住まいの形になったようですが・・・。


<イラスト1:天井取り外しスケルトンに壁は無垢の板張りと間接照明で(画:天野彰)>
<イラスト1:天井取り外しスケルトンに壁は無垢の板張りと間接照明で(画:天野彰)>



アクティブな家づくりの発想こそ心の健康を維持する!

 今こうして、長時間住まいに留まらなければならないとき、会社勤めだった人たちが今改めて家の閉塞感を感じていると言う。なるほど窓を開けて風を通そうにも、窓が大きく開かず、壁の多い家は天井も低く声も響き、圧迫感も大きい。

<天井を抜き無垢の木のつけ梁と障子や照明でリフォーム2案(設計:天野彰)>
<天井を抜き無垢の木のつけ梁と障子や照明でリフォーム2案(設計:天野彰)>



 と言って、今急に柱と屋根だけの開放的な家にすることは不可能としても、このウイルス騒ぎが収束したら、さっそく天井を引き剥がし、少しでも高くし、さらに壁にもう一層の無垢の板張りや漆喰壁を施すなど、思い切ったスケルトンリフォームをしよう!と言うアクティブな“構想”を家族皆で考えてみたいものです。


次回は「人生百歳の家とは?老いて安心で健康な家とは?」です。






******************************************************************************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   お楽しみに♪

******************************************************************************************************************


【BACK NUMBERを見る!】⇒


天野彰のホームページを見る!