コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

建築家の役割(1)「今の家に本当の夫婦の顔を創るために?」

夫婦の想いを形にする?!


○今回のポイント 1 建築家は、要望を上手に調整して「夫婦の家」にする
○今回のポイント 2 素材の経年変化も楽しめるよう考えられた家づくりが重要

 この稿、まさに2020年2月22日、夫婦がイメージされる日に書いているのですが・・・、改めて夫婦の想いやその重要さを考えされるのです。
かつて夫婦の家は子育てを優先ながらも創ることを、夫婦であれこれ真剣に葛藤しながらも二人で創っていたような気がするのです。しかし時代が変わり、夫婦は出来合いの規格型の家やプランを選ぶだけのようになり、最近ではスーパーの野菜売り場で、まるで「一個いくら!」のタイムセール感覚?で選んでしまう?ような感さえするのです。
本コラムの主催のハウスネット・ギャラリーは、毎回こうしたいろいろなでき方による多くの実例を忠実に、しかも数多く展示すると言う、家を建てる人やリフォームをしようとしている夫婦方に素晴らしい示唆を与えてくれる唯一のサイトだと改めて思うのです。

ドアの色ひとつ、木目ひとつ議論し合える夫婦で創る家づくり

 かつて家づくりのお手伝いで・・・、 「木目の壁のなかに真紅のメリハリのあるドアをアクセントカラーにして塗りましょう!」などと提案すると、建て主の奥さんから「なぜ?ここはこの色でもいいではないの?」と来たのです!その反対に、すべて私どもに託す建て主には「1万色もある見本帳ですが・・・。これだと思う色や柄があるはずですから奥さんもご主人も選んでみてください!」などと、遠慮深い私は、口の中で「何色だって合わせますよ!」と、もごもご・・・と。
家づくりの後半となってこのような議論が現場でできること自体がとても素晴らしいことなのです。これこそが夫婦で創る家となるのです。こうして大きな安心の中にある家づくりは、リビングのドアの色一つとっても、木目の違いなどを議論し合える奥の深い住まいづくりなのです。

素材の経年変化や街との調和まで考える

<木の家 Y様邸の経年変化(設計:天野彰)>
<木の家 Y様邸の経年変化(設計:天野彰)>



 すべての家づくりがそうとは言いませんが、こうした雰囲気をつくらない限り活発な意見や要望は出ないのです。むしろお手伝いしている私どもが、困惑したり、時にはカチンと、来るほどの意見が出てこそ初めて“夫婦の家”となるのです。
要望を入れ過ぎてうるさいデザインになることもありますが、そうならないように上手に整理し誘導するのも私たち建築家の力量のひとつと言えるのです。さらにこのとき、将来飽きが来ないような色や“素材の老け方”までを想定することが重要です。
木目の違いは次第に焼けたり程よく朽ちて落ち着くことを想定し、一方の色は黒を少々混ぜ合わせて最初から汚れて落ち着いた色にするなどです。これで時間が経っても飽きない家となるのです。
「あの白木のようだった床や天井の色調がだんだんと目に優しい木肌色となって行くのには驚きました!」とは、私の脳の“経年変化”を診て頂いている建て主であり主治医の先生の感想でした。と、同時にその街の調和や隣家とのバランスなど、簡単なことのようですが、こんなことが、私たちが考える建築家とつくる家だと思うのです。
建築家諸氏!もっと本来の自身の意志と職能で頑張りましょう! まだまだ多くの人たちが家づくりやリフォームに失敗し、いや、むしろそのことに気が付くことなく、また自分たち自身の家を創る奥深さを知らないでいる人が多いのです。と、思うだけでも勇気が出るのです。


次回は「白のキャンバスにどんな家を描く?」です。


     

******************************************************************************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   お楽しみに♪

******************************************************************************************************************




【BACK NUMBER】
 建築家の役割(3)「真っ白のキャンバスに何から描く?」
建築家の役割(2)「夫婦の最大公約数の家?を探り出す」
建築家の役割(1)「今の家に本当の夫婦の顔を創るために?」
玄関は家族の顔(2)「今の家に夫婦の顔があるか?」
玄関は家族の顔(1)「明るい玄関には福が来る」
暖かい家(3)「もっと暖かい工夫を?ヒントは建具?」
暖かい家(2)「暖かい照明」
暖かい家(1) 「暖かいリビング」のプランニング
狭楽し収納法(6) 3LDKに7,000冊の本棚?押入れが大容量収納?
狭楽し収納法(5) 老いの生活には“ゴールデン収納”
狭楽し収納法(4) 表と裏(ハレとケ)の伝統文化収納
狭楽し収納法(3) 収納は多ければ多いほど無駄?“見える” 収納を
狭楽し収納法(2) 収納は形と場が大切!ポケット収納
狭楽し収納法(1) 無駄なモノを見つめて“仕舞う”
狭楽しさの手法(4)“暑楽”しい中にこそ日本の文化がある
狭楽しさの手法(3)“暑楽し”中庭セルフディフェンス・ハウス!
狭楽しさの手法(2)“暑楽”しさは遮蔽と断熱と通気!
狭楽しさの手法(1) 暑苦しさから逃れ“暑楽”しさの涼味?
人生百歳元気で快適に住む(4)「人口減少の今家で出来ること?」
人生百歳元気で快適に住む(3)「契約同居?のつくり方」
人生百歳元気で快適に住む(2)「何が必要か工夫?」
人生百歳元気で快適に住む(1)「今何が必要か?を考える」
愉しい家(6) もっと愉しく!空間を演出する!
愉しい家(5) 物と壁が動く“生活維持”収納ロボット?
愉しい家(4) 苦を楽に!空間の多重利用?
愉しい家(3) 苦を楽に!物をどうする?
愉しい家(2) 改めて“狭楽しさ”とは?
愉しい家(1) 狭くても楽しい家?“狭楽しく住む”とは
2Sハウス(6)老いて自立する家とは?
2Sハウス(5)老いて自立できる街や家の形とは?
2Sハウス(4)老いてわが身を自立サポートする家?
2Sハウス(3)地震災害に勝つ家とはハードだけか?
2Sハウス(2)安心の家とは何か・・・?
2Sハウス(1)二つのSとは何・・・?
いくつになっても住める家(5)街も家もそこに住む人しだい?
いくつになっても住める家(4)家は必要か?求められる家とは?
いくつになっても住める家(3)老いて活性できる不自由な家?
いくつになっても住める家(2)「夫婦の家」とは?
いくつになっても住める家(1)今なぜ50代云々が大流行?
家相が気になる?(5)まったく鬼門のない家?
家相が気になる?(4)今のプランを回転し鬼門を避ける?
家相が気になる?(3)家相の中心と張りと欠けとは?
家相が気になる?(2)家相はあえて生かす?
家相が気になる?(1)気にさせられる?
有効な家づくり(6)建築家と創るプランニング?
有効な家づくり(5)設計者を探す?
有効な家づくり(4)わが土地を探す?穴場は?
有効な家づくり(3)わが家に塾?趣味の店?で楽しく生きる
有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!