コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

暖かい家(2)「暖かい照明」


○今回のポイント 1 季節・時間など生活に合わせて自在に灯りを楽しむ家

 家を狭めてコンパクトにすると光熱費が割安となり、家族も一緒になって家が暖かくなる。などとお話しました。ま、当たり前のことなのですが・・・。

広い家よりコンパクトな家で暖かい

 今まで広い家で家族それぞれ個室でしかも夫婦も書斎や主婦室があることが理想と言っていたのですが、次第に家族が出て行ってと広い家はかえって寂しくさらに寒々しくなり、夫婦も別々より台所の片隅で家事室と書斎コーナーのようにあえて一つが暖かいのです。

<イラスト1:夫婦一つの台所の夫婦室(画:天野彰)>
<イラスト1:夫婦一つの台所の夫婦室(画:天野彰)>

 暖房は一か所ですみ、照明も一つ、温もりもあってお茶やコーヒーもすぐに出せて、掃除も行き届き夫婦間も暖かくなる?のです。何よりも光熱費が安くて済み、おまけに地球温暖化にも役立つのです。

心にも優しい部分照明で快適な暮らしをつくる

 もともと人類が他の生き物より発達し発展し得たのは火を得たことだったのです。さらにその火を扱え、操れいろいろな道具をも生み出すことができたからです。おかげで外敵から身を守り家族を守りさらに攻撃もできたのです。今その火によって世界を、地球までも焦がしかねないほどになっていることが悲しいのですが・・・。
こうして家族は営々と火の回りに集まり、一つの輪になって暮らして来たのです。それこそが団らんであり家族の姿なのです。火はまさしく灯りで暖を取りその灯で家族の顔を照らすものでもあったのです。その灯りは次第に照明となり文字通り辺りを照らして明るくするものとなったのです。今その灯は蛍光灯やLEDとなり、家どころか街中を真昼のように明るくして人々の生活を根本から変えてしまったのです。わが国の家の夜は炉辺の灯りから裸電球となり、夏の暑さからか涼しげな蛍光灯となり、さらにエネルギー消費の少ないLEDへと進化して眩しいほど明るい家となっているのです。
しかしそれに比べて西欧の灯はなぜかいまだに灯のままで優しく照らす部分照明が多いのです。そのため日本人の多くは欧米のホテルは暗くて新聞を読むのも見づらいと言うのです。しかしそれも次第に慣れてくると必要なところが明るくかえって目も疲れず暖かみも増してくると言うのです。
まさに照明はただ明るさだけではなく暗さも加え、その灯の数を多くしてそれぞれのオンオフができ、調光もできるようにすると、同じ住まいが灯りの演出で色々に変化し、家族の生活にもメリハリができ、表情も生き生きとして来るのです。まさに季節や時間、そして生活イベントに合わせて灯りを自在に繰るのです。

<イラスト左:生活行動に合わせた照明配置 写真右:白川郷の炉辺、合掌造り全体の暖房、家族団欒の灯なのです(画・撮影:天野彰)>
<イラスト左:生活行動に合わせた照明配置 写真右:白川郷の炉辺、合掌造り全体の暖房、家族団欒の灯なのです(画・撮影:天野彰)>

 やはり火はささやかで小さい方が目に優しく心にもそして地球にも優しいのです。



次回はもっと暖かく住まいを包むです。


         

******************************************************************************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   お楽しみに♪

******************************************************************************************************************




【BACK NUMBER】


【BACK NUMBER】
さあ、家を建てよう!(1) 自分だけの家を建ててみる!

住まいをおもしろく(6)老いても自力で風呂に入りたい!
住まいをおもしろく(5)みんなのキッチンテーブル
住まいをおもしろく(4)ウイズコロナわが家のスナックに
住まいをおもしろく(3)家族の大きく開放的なお風呂
住まいをおもしろく(2)“風呂敷文化”?を楽しむ!
住まいをおもしろく(1) 今の家をもっと色っぽく?!

非接触時代の家(5)"減築"で家を小さく老後の生きがいと糧を生む
非接触時代の家(4)“ホームナーシング” セルフサポートの時代
非接触時代の家(3)町家の中庭は換気扇?線香の煙で風を視る
非接触時代の家(2)風と共に“方丈庵”住まいで生きる?
非接触時代の家(1)“炉端”を囲み あえて積極的に交流する?

人生百歳の家とは?(5)井戸端住宅?住まいを凝縮しコンパクトに
人生百歳の家とは?(4)今の家を「減築」し将来の災禍に備える
人生百歳の家とは?(3)健康に暮らせる家は自粛の今考える?
人生百歳の家とは?(2)心と身体の健康と命を守る家?
人生百歳の家とは?(1)改めて「2S+3F」の家

建築家の役割(3)「真っ白のキャンバスに何から描く?」
建築家の役割(2)「夫婦の最大公約数の家?を探り出す」
建築家の役割(1)「今の家に本当の夫婦の顔を創るために?」

玄関は家族の顔(2)「今の家に夫婦の顔があるか?」
玄関は家族の顔(1)「明るい玄関には福が来る」

暖かい家(3)「もっと暖かい工夫を?ヒントは建具?」
暖かい家(2)「暖かい照明」
暖かい家(1) 「暖かいリビング」のプランニング

狭楽し収納法(6) 3LDKに7,000冊の本棚?押入れが大容量収納?
狭楽し収納法(5) 老いの生活には“ゴールデン収納”
狭楽し収納法(4) 表と裏(ハレとケ)の伝統文化収納
狭楽し収納法(3) 収納は多ければ多いほど無駄?“見える” 収納を
狭楽し収納法(2) 収納は形と場が大切!ポケット収納
狭楽し収納法(1) 無駄なモノを見つめて“仕舞う”

狭楽しさの手法(4)“暑楽”しい中にこそ日本の文化がある
狭楽しさの手法(3)“暑楽し”中庭セルフディフェンス・ハウス!
狭楽しさの手法(2)“暑楽”しさは遮蔽と断熱と通気!
狭楽しさの手法(1) 暑苦しさから逃れ“暑楽”しさの涼味?

人生百歳元気で快適に住む(4)「人口減少の今家で出来ること?」
人生百歳元気で快適に住む(3)「契約同居?のつくり方」
人生百歳元気で快適に住む(2)「何が必要か工夫?」
人生百歳元気で快適に住む(1)「今何が必要か?を考える」

愉しい家(6) もっと愉しく!空間を演出する!
愉しい家(5) 物と壁が動く“生活維持”収納ロボット?
愉しい家(4) 苦を楽に!空間の多重利用?
愉しい家(3) 苦を楽に!物をどうする?
愉しい家(2) 改めて“狭楽しさ”とは?
愉しい家(1) 狭くても楽しい家?“狭楽しく住む”とは

2Sハウス(6)老いて自立する家とは?
2Sハウス(5)老いて自立できる街や家の形とは?
2Sハウス(4)老いてわが身を自立サポートする家?
2Sハウス(3)地震災害に勝つ家とはハードだけか?
2Sハウス(2)安心の家とは何か・・・?
2Sハウス(1)二つのSとは何・・・?

いくつになっても住める家(5)街も家もそこに住む人しだい?
いくつになっても住める家(4)家は必要か?求められる家とは?
いくつになっても住める家(3)老いて活性できる不自由な家?
いくつになっても住める家(2)「夫婦の家」とは?
いくつになっても住める家(1)今なぜ50代云々が大流行?

家相が気になる?(5)まったく鬼門のない家?
家相が気になる?(4)今のプランを回転し鬼門を避ける?
家相が気になる?(3)家相の中心と張りと欠けとは?
家相が気になる?(2)家相はあえて生かす?
家相が気になる?(1)気にさせられる?

有効な家づくり(6)建築家と創るプランニング?
有効な家づくり(5)設計者を探す?
有効な家づくり(4)わが土地を探す?穴場は?
有効な家づくり(3)わが家に塾?趣味の店?で楽しく生きる
有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?

生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?

リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?

家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」

夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」

同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット

家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?

夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?

収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!

子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??

「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!

「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!

「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!

バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!

悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を

住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?

災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!