コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

狭楽しさの手法(1) 暑苦しさから逃れ“暑楽”しさの涼味?


○今回のポイント 1 都市の空しい「暑さ」から昔ながらの日本家屋で叶う「暑楽しい」
○今回のポイント 2 「中庭」を設けることで空気の循環が生まれる
○今回のポイント 3 深い庇なども暑さを和らげる工夫

 暑い!全国どこに行っても暑い!しかし日本の夏はこんなに暑かったのでしょうか?じめじめとして蒸し暑い梅雨さえ終われば息をついた様に陽ざしは暑いが朝夕は過ごしやすい夏が巡って来たものです。特に暑い日は夕方からもくもくと入道雲が湧き出て来てざーと夕立が来て涼しくなったものです。まさにそれが日本の夏で、夏の風物詩でもあったのです。しかし今はどうも夕方はさらに蒸し暑く寝苦しい熱帯夜などが常態化しているのです。

日本の文化と知恵で建つ家は「暑楽しい」?

 確かに温暖化なのか?都市化によってさらに暑くなっているようなのですが・・・、それでも日本の“住まい文化の知恵”を講ずればなんとか過ごせるものでしょうか?
まさに狭苦しさの「苦」を取りされば狭くとも楽しい「狭楽しい住まい」になるように、暑苦しくても苦さえ取れば暑くとも「暑楽しく」なるはず?ですが「暑楽しい」?とは聴きなれませんが、なるほど暑さがゆえに“涼味”があるように、なるほどわが国千年の歴史の中にこの涼味は存在し文化ともなっているのです。
考えて見れば「狭楽しい」も西洋志向の世ではなかなか認知してもらえなかったものです。それもそのはず狭いより広い方がいいし、暑いよりも涼しい方がいいに決まっています。しかしあらためて西洋化され都市化された今、密集した都市はますます狭くなり高層化され、反対に広い住宅地は過疎化し空き家となって広さに手を焼いているのです。改めて利休の茶室を愛で、方丈庵に憧れ、長屋の熊さん八つぁんの暮らしが懐かしく思われる時代となているのです。
暑さ寒さも昔から寒いのは羽織り重ねれば何とか過ごせるが、暑さからは逃れることができないと、「住まいは夏を旨とし」なのです。
しかし都市の現実はコンクリートとアスファルトで“空しく”暑さを感じ、庇のないガラスのビルの照り返しの上に、機械冷房の室外機の排熱と騒音、さらに渋滞による車の排気熱…。情緒もなければ、なるほど暑さを増幅させる“空しい暑さ”となっているのです。

京都町屋は暑さの中で感じる「涼しさ」を楽しめる家

 ここで改めて「住まいは夏を旨とすべし」の都市住宅の原点を京都の町家で探ってみましょう。さすが千年の歴史ある街は東西南北の街路から工夫がなされ、半端な庭などなくすべて中庭にして、しかも庇を深く植栽には涼を施しそれが冬には陽だまりとなるプラン配置で、しかも巨大な換気扇(ベンチレーター)の断面構造となっているのです。


<写真:京の町家の中庭情景(写真:天野彰)>
<写真:京の町家の中庭情景(写真:天野彰)>
 街並みや路地から見える連子格子は排気ではなく吸気となって夕方路地に打ち水をすると冷えた空気が瓦屋根の熱に引き上げられ八方の部屋に行き渡り中庭から排気されるのです。冬は街路の連子の障子を閉じれば中庭に陽だまりが出来プライバシ-も高いのです。こうして暑い中でも深い庇の影や日よけの縁台に居ると涼しさを感じるのです。

<町家の断面図大きな換気扇(画:天野彰)>
<町家の断面図大きな換気扇(画:天野彰)>

<京都の路地の町家外観 長江家(写真:天野彰)>
<京都の路地の町家外観 長江家(写真:天野彰)>
 
 暑い中でこそ、この涼しさを味わえ、感じられる“涼味”と“涼し気”こそ、きわめて合理的かつ生理的で心理学的な科学なのです。

次回も暑そうで、狭楽しさの手法②「“暑楽”しさは遮蔽と断熱と通気!」?
         

******************************************************************************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   お楽しみに♪

******************************************************************************************************************




【BACK NUMBER】
 狭楽しさの手法(2)“暑楽”しさは遮蔽と断熱と通気!
狭楽しさの手法(1) 暑苦しさから逃れ“暑楽”しさの涼味?
人生百歳元気で快適に住む(4)「人口減少の今家で出来ること?」
人生百歳元気で快適に住む(3)「契約同居?のつくり方」
人生百歳元気で快適に住む(2)「何が必要か工夫?」
人生百歳元気で快適に住む(1)「今何が必要か?を考える」
愉しい家(6) もっと愉しく!空間を演出する!
愉しい家(5) 物と壁が動く“生活維持”収納ロボット?
愉しい家(4) 苦を楽に!空間の多重利用?
愉しい家(3) 苦を楽に!物をどうする?
愉しい家(2) 改めて“狭楽しさ”とは?
愉しい家(1) 狭くても楽しい家?“狭楽しく住む”とは
2Sハウス(6)老いて自立する家とは?
2Sハウス(5)老いて自立できる街や家の形とは?
2Sハウス(4)老いてわが身を自立サポートする家?
2Sハウス(3)地震災害に勝つ家とはハードだけか?
2Sハウス(2)安心の家とは何か・・・?
2Sハウス(1)二つのSとは何・・・?
いくつになっても住める家(5)街も家もそこに住む人しだい?
いくつになっても住める家(4)家は必要か?求められる家とは?
いくつになっても住める家(3)老いて活性できる不自由な家?
いくつになっても住める家(2)「夫婦の家」とは?
いくつになっても住める家(1)今なぜ50代云々が大流行?
家相が気になる?(5)まったく鬼門のない家?
家相が気になる?(4)今のプランを回転し鬼門を避ける?
家相が気になる?(3)家相の中心と張りと欠けとは?
家相が気になる?(2)家相はあえて生かす?
家相が気になる?(1)気にさせられる?
有効な家づくり(6)建築家と創るプランニング?
有効な家づくり(5)設計者を探す?
有効な家づくり(4)わが土地を探す?穴場は?
有効な家づくり(3)わが家に塾?趣味の店?で楽しく生きる
有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!