コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

人生百歳元気で快適に住む(4)「人口減少の今家で出来ること?」


○今回のポイント 1 必要なのは地域や人と助け合い繋がる昔ながらの暮らし
○今回のポイント 2 高齢者と若い世帯で適度な距離感が生まれる「契約同居」が最適

 いくら「契約同居」とは言え、やはりアパート経営?今さら賃貸住宅などと、と思われる人も多いと思われるのですが・・・時代が違う?!と言うか事態が違って来てるのです。

家があまる時代でどう暮らす

 その根本的な違いとは? まさに参議院選でしたが、各政党のスローガンを観てもなんと時代遅れでその“事態”の変化を感じられないものばかりであることに驚きます。
強いて言えば、当面の些末なことばかりで長期的かつ未来志向がまったく見えてこないのです。それこそ今まで通りの高齢化対策とグローバルなものの考え方ばかりなのです。が実際に大切事は高齢化に加えて人口減少の社会での生き方の問題で、しかもそれぞれがグローバル社会とは真逆の個人主義、自己防衛の生き方となっていることなのです。そこに年金不安の問題があり企業の雇用体系があり、さらに働く側も自由な非正規労働の増加ともなっているのです。
これらのことがなぜ“住まいと係わりがある”のかと言うと、現実に長年住まいづくりのお手伝いをしていると、現在は住まいは充足し、むしろ空き家が急激に増加する時代となっていることです。
しかもその暮らしの実態は住まいを持てる人はさんざん多くのローン返済をし、その上で耐震化や老朽化のためにさらに費用がかさみ疲弊し、一方の子どもたちも核家族になったものの子の教育費に加え家の返済や高額な家賃の支払いに追われているのです。その反対に親の家に居付き?働かずとも安穏と暮らす子どもも増えているのです。まさにバブルから始まりその後遺症が今も続く令和となっているのです。


今までの家づくりやリフォームは通用しない?

 今思えば・・・、マンション時代の先駆けとなった2LDKの狭く劣悪な住まいを「ウサギ小屋」などと欧米から揶揄されたとき、「いや、島国日本の大都市では狭いのはどうしょうもない!」「要はどう広く住むかである!」と、「狭苦しさの“苦”さえ取れば楽しくなる!」と豪語し、『“狭楽しく”住む法』(1983年:新声社)なる本を書いたのです。

<狭楽しく住む方法(著:天野)>
<狭楽しく住む方法(著:天野)>
 それは将来の生活を考慮し、「子育ては人生の一瞬でそのために家を広くすべきではない!」とその物理的生理的さらに心理的なプランニング手法とその経済を説いたのです。
その後、将来の暮らしの為に『リフォームは、まず300万以下で』(1999年:講談社)を著し、そして少子高齢化社会を生きるために『減築のすすめ』(2008年:講談社)に至ったのです。
<リフォームは、まず300万以下で(著:天野彰)>           <減築のすすめり(著:天野彰)>
<リフォームは、まず300万以下で     減築のすすめ(著:天野彰)> 

 そして今、子育てが終わって出て行った大きな家に老いた親たちがぽつんと暮らし、いずれは独居や空き家となるのでしょう?それでこれからどうなるかを考えるとまさしく長寿で、今までどおりの家づくりやリフォームでは手におえないのです。
しかもその高齢の暮らしも公的年金や介護保険では生活は到底まかなえずやむなく自衛自立することになるのです。すでに大型の老人施設や病院は職員不足と財源不足に喘ぎ、増える高齢者を抱えきれず困窮し、外国人労働者にと期待するも間に合わず閉鎖の危機さえ思えるのです。まさに高齢化に加え大幅な人口減の結果、さらに各個が自己防衛のための取りあえずの貯蓄をすれば消費も期待が持てずさらに経済は回らなくなるのです。まさに世は今までのグローバルどころかさらなる閉鎖社会へと変貌するのかも知れないのです。

「契約同居」とは自宅を開放し地域を繋ぐ暮らし方

 このことが前回イメージした白川郷の合掌造りなのです。一見閉鎖社会のようなのですが、実は300年余も、集団で今も生き続けているのです。おおげさですが・・・、今住まいを持てる人はその恩恵にあずかり準備をするのです。
むしろ個人財産優先、あるいは次世代への相続などの古びた家督概念を捨て、あえて今の家を開放し有効に生かし、地域のためさらに同じ境遇の人や若い人たちに手を差し伸べ、自らも生き抜いて行くと言う究極?の姿勢なのです。それこそが「契約同居」であり営利目的の賃貸アパートとは違うのです。
他人などと一緒に住むのは果たして?などではなく、互いの立場を尊重しわが家を低家賃で貸し出し、自分たちは最小限のスペースにしてわが家で最後まで暮らし、時にサポートを頼み、代わりに若い世代の子育てを見守り働くのを支援すると言うものです。
これは都市や地方、地域によって会社や工場さらには農業や漁業など職場は様々で、そこにそれぞれの生活が営われるのです。なんと言うことはありません昔からの暮らしに戻るのです。


次回からは今の住まいを「“狭楽しく”する手法?」です。




******************************************************************************************************************

★毎週土曜日 最新コラム公開中!   お楽しみに♪

******************************************************************************************************************




【BACK NUMBER】
 暖かい家(3)「もっと暖かい工夫を?ヒントは建具?」
暖かい家(2)「暖かい照明」
暖かい家(1) 「暖かいリビング」のプランニング
狭楽し収納法(6) 3LDKに7,000冊の本棚?押入れが大容量収納?
狭楽し収納法(5) 老いの生活には“ゴールデン収納”
狭楽し収納法(4) 表と裏(ハレとケ)の伝統文化収納
狭楽し収納法(3) 収納は多ければ多いほど無駄?“見える” 収納を
狭楽し収納法(2) 収納は形と場が大切!ポケット収納
狭楽し収納法(1) 無駄なモノを見つめて“仕舞う”
狭楽しさの手法(4)“暑楽”しい中にこそ日本の文化がある
狭楽しさの手法(3)“暑楽し”中庭セルフディフェンス・ハウス!
狭楽しさの手法(2)“暑楽”しさは遮蔽と断熱と通気!
狭楽しさの手法(1) 暑苦しさから逃れ“暑楽”しさの涼味?
人生百歳元気で快適に住む(4)「人口減少の今家で出来ること?」
人生百歳元気で快適に住む(3)「契約同居?のつくり方」
人生百歳元気で快適に住む(2)「何が必要か工夫?」
人生百歳元気で快適に住む(1)「今何が必要か?を考える」
愉しい家(6) もっと愉しく!空間を演出する!
愉しい家(5) 物と壁が動く“生活維持”収納ロボット?
愉しい家(4) 苦を楽に!空間の多重利用?
愉しい家(3) 苦を楽に!物をどうする?
愉しい家(2) 改めて“狭楽しさ”とは?
愉しい家(1) 狭くても楽しい家?“狭楽しく住む”とは
2Sハウス(6)老いて自立する家とは?
2Sハウス(5)老いて自立できる街や家の形とは?
2Sハウス(4)老いてわが身を自立サポートする家?
2Sハウス(3)地震災害に勝つ家とはハードだけか?
2Sハウス(2)安心の家とは何か・・・?
2Sハウス(1)二つのSとは何・・・?
いくつになっても住める家(5)街も家もそこに住む人しだい?
いくつになっても住める家(4)家は必要か?求められる家とは?
いくつになっても住める家(3)老いて活性できる不自由な家?
いくつになっても住める家(2)「夫婦の家」とは?
いくつになっても住める家(1)今なぜ50代云々が大流行?
家相が気になる?(5)まったく鬼門のない家?
家相が気になる?(4)今のプランを回転し鬼門を避ける?
家相が気になる?(3)家相の中心と張りと欠けとは?
家相が気になる?(2)家相はあえて生かす?
家相が気になる?(1)気にさせられる?
有効な家づくり(6)建築家と創るプランニング?
有効な家づくり(5)設計者を探す?
有効な家づくり(4)わが土地を探す?穴場は?
有効な家づくり(3)わが家に塾?趣味の店?で楽しく生きる
有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!