コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?

―伝統とは名ばかりの“継承的”模倣が多く真の価値観が失われた?―

○今回のポイント 1 日本が真に継承すべきは京都の町家「都市型自然住宅」
○今回のポイント 2 隣の家との間に風の通る「真の和」が日本の文化
○今回のポイント 3 現代は自然に対抗する欧米の様な住まい・日本の文化は自然と一体化する住まい


  海外の建築家仲間と話す時、よく問われることは、
「かつての日本の住まいや文学から見る風情や本質はなぜ今の住まいに継承されていないのか?」です。
欧米ではこの形態的承継がされ装飾の文化が醸成されたのだと言う。まさしくアールヌーボウか?近代化?と、しかもそのことに彼らが辟易としていることを妙に納得したのです。このことは現代の日本に残る古建築や茶室に見る真の継承とは違って、同じく欧米のモダニズムやインテリアに見る模倣のぎこちなさ?や、ときに軽薄とさえ思える、「和」のかたちがとり入れられ、そこに急激な近代化と欧米スタイルの家や建物となっているのです。
今「桧の家」を代表される日本の家、さらには木舞壁や漆喰の本物の組成、素材感のブームとなり改めて、?差(ほぞさし)木組みの構造の原点もっと言えば自然との一体化の原点もが見直される時が来たのだと・・・私は悦にいっているのです。
そして日本の住まいは高度経済成長のせいで量産化され、さらに都市化が進み防火や冷暖房の対自然の住まいへと様変わりをするのです。

イラスト:?差(ほぞさし)木組みの構造(図:天野彰)
イラスト:枘差(ほぞさし)木組みの構造(図:天野彰)

 しかし幸いにも戦禍を免れた古都京都には多くの都市型自然宅住宅が残っているのです。町家はなにも京都に行かなくとも戦禍を免れた古い町中に行くとどこでも見られるのです。また街道沿いの商家にはあの卯建(うだつ)と呼ばれる防火壁を発見されるのです。
写真2:四国脇町の卯建。左右ウサギの耳のような防火壁(撮影:天野彰)
写真:四国脇町の卯建。左右ウサギの耳のような防火壁(撮影:天野彰)

こうして人が集まり、街に住むことになって開放的なあの“和” の住まいを密集した都市に適合させるのはなかなか大変なことです。限られた敷地の中で防火のために隣家との間は土壁にし、その壁に沿って風の通る“真の和”の住まいをつくるのです。それこそが私たちが参考にしなければならない町家です。
写真1:京都の町家の佇まい(撮影:天野彰)
写真:京都の町家の佇まい(撮影:天野彰)

 今ほとんどが都市の住まいとなったと思うのですが、なぜか未だに街の中で野中の一軒家を建てようとしているのです。集合住宅はともかく、どんな狭い敷地でも庭付きの一戸建てにしようとするのです。結果塔状のスレートとべニヤ板の「箱の家」ばかりが林立することになったのです。
まさしく、これが・・・「今の住まいになぜ日本の本質が継承されないのか?」の答えなのかも知れません。

************************************************************************
★天野彰先生の著書「狭楽しく住む法」  1983年2月発行
book
************************************************************************


★次回は「千年の都市型自然住宅に学ぶ。」お楽しみに♪



【BACK NUMBER】
 生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!