コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

住まいの文化(1)四季の想いは?

―800年も前に方丈記は今の日本の生活文化を描いていた?―

○今回のポイント 1 自然を尊重する和のブームから、住まいなどの"原点"が見直されている
○今回のポイント 2 日本人の「住の本質」は四季の文化からなっている
○今回のポイント 3 現代の都市での住まいにも、昔からの知恵や考え方を生かすことができる


  長く暑い夏が終わり急激に冷えてきました。わが家も秋の装いから一気に冬支度となります。  そこに「木の家」に代表される本来の日本の家、さらには木舞壁(こまいかべ)や漆喰(しっくい)の暖かく優しい組成や素材感が懐かしく思えるのです。このことは近代的建築に住む多くの現代人にとっても求められる感性のようで海外でも空間も食も自然を尊重する和のブームとなっているのです。
 そして今、改めて住まいの原点、そしてそこに住む家族の原点、もっと言えば男と女、一人ひとりの原点が見直されてもいるのです。

コンクリートの箱の中に木造の家を造れば、強靭で割安な家ができる

 耐震や免振、さらには大火災などのあらゆる災害を想定して家をつくることは至難の業ではありませんが、私はもっとソフトな外郭と内皮による「セルフディフェンスハウス」なる提案を長年に渡ってして来ているのです。それは、外側は厚いコンクリートの擁壁のような壁で固め、その内側に中庭式の開放的な木造の家を建てることです。ちょっと贅沢な話しのようですが、シンプルで強靭なコンクリートの箱の内側に住みやすい柱と土壁の“裸の家”をつくるのです。結果トータル費用は強靭な割に案外割安となるのです。
イラスト:四季を感じる木造自然素材の家(画:天野彰)
イラスト:四季を感じる木造自然素材の家(画:天野彰)

 日本の住まいや文化を語るとき、どうしても京都を例にしてしまいがちです。地方の古来から伝わる民家などにお住まいの方にはよくお叱りを受けるのですが・・・、。
 京都はその1000年の歴史があり、それも“都市の歴史”であることで、都市の生活文化の変遷を含め、今もそれらが現実に残されているからです。 。

イラスト2:小さな中庭に四季を
イラスト:小さな中庭に四季を


 しかもその文化は、たとえ極東の島国と言え、古く諸外国との交流があり、異文化も多く取り入れられているのです。しかも不思議なことに、それほどの長い間「衣」・「食」「住」の原点が大きく変わっていないのは独特の気候風土と縄文を引き継いだ自然文化に確たる独自性があったからだと思うのです。
 特に「住」においては農家に住む人も、都市の密集地に住む人も、さらに多雪地帯に住む人も、常夏の沖縄に住む人も、皆それぞれに四季があり、季節感があるのです。遠い以前の先祖たちが築いてきた四季の文化を今も変わらずに大切に守っているのです。まさにそれは日本人のDNAとも言うべき「住の本質」でもあるのです。

イラスト3:マンションにも四季を
イラスト:マンションにも四季を


 それがある日突然!とも言えるほど、僅か4,50年の間にツーバイフォーだ、プレハブだ、外断熱だ、やれ24時間暖房だ、と工業化が進み自然素材から化学素材となり、四季の原点をひっくり返すほどの住まいの革命が起ったのです。
 住まいの設計をしていますと、「このあたりは夕方の西風が気持ちがいいんじゃ!」など、古くから暮らしているお年寄りの意見が参考になることが多いのです。

写真:「自然素材」だけのわが箱根山荘(上)と京都高山寺石水院の四季アラカルト(下):設計撮影/天野彰
「自然素材」だけのわが箱根山荘(上)と京都高山寺石水院の四季アラカルト(下):設計撮影/天野彰


 「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず・・・」
 この絶対的真実の絶妙口調で始まる「方丈記」は現代の都市に住む私たちにいろいろと示唆を与えてくれるのです。下鴨神社の禰宜(ねぎ)の曹司として豊かな家に生まれながらも、長明の文脈は実に庶民的で現代にも通じる合理的な“生活思想”の上に成り立っていることに感動します。なんと800年以上もの時が経った今も、日野山の方丈庵での小宇宙の四季が新鮮に観え聞こえて来るようです。
 果たして今のわが家に家族に、この四季、とりわけ秋の想い深い風情が感じられるでしょうか?

*********************************************************

★次回お楽しみに♪



【BACK NUMBER】
 有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!