コラム


住宅関連記事・ノウハウ

「ハウスネットギャラリー」より転載

夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?

○今回のポイント 1 現在の家を考え方で、四季の移り変わりを感じる家にする
○今回のポイント 2 これからの家づくりは、自分で暮らし方を考え・自分で守れる家にする

 わが国の都市の住まいは「光」と「風」と「時」を軸として、恵まれた四季折々の朝な夕なの情景がすべてのテーマで、しかも夏を旨とすべしなどと書きながら・・・、思わぬこの夏の、あまりに不純な天候の夏となり、まさに気分も体調も筆を進める元気も無くしました。
が、気合を入れて、思い直して改めて家々を見てみると・・・、なんとどの家もそんな気候の変化などどうでもいいような家ばかりであることに気が付いて驚いたのです。

箱の家ばかりの現代、季節の変化を感じられない

 よく言えば断熱の効いたベニヤ板とスレートサイディングの全天候型?の箱の家ばかりで、集合住宅は土地利用の効率的な?空へ空へと伸びる?鉄筋や鉄骨の高層マンションばかりなっているのです。
しかし、思えば、750年前の兼好法師がこのありさまを観たらいったいどう思うことかと考えると悶絶どころかきっと気絶をするに違いない!そう考えると、さらにその変化が見て取れるのです。柱と屋根だけの傘の家が一体どうしてこうも変われるものかと確かに不思議と言えるのです。なるほど今年の夏は別としてこうして次第に秋となり、やがて春が来るのです。大きく日本の気候は変わってはいないのです。人々もいろいろなでき事があったにせよその本質は変わっていないはずです。
しかし現実は季節のない家ばかりとなり、大小はあっても皆同じ家で、そこで人は同じように暮らし年を取るのです。この当たり前のことが長年に渡って受け継がれ人々は変わっていないはずです。

四季の変化に合わせて工夫された昔ながらの「京町屋」と集合住宅「長屋」

 それこそ四季の変化によって、人々はそれぞれ家を建て、そして生活しながら工夫をしてきたのです。

<写真1:日射を避け、風を呼び込む深い庇の家(設計:天野彰)>
<写真1:日射を避け、風を呼び込む深い庇の家(設計:天野彰)>



 中でも「夏を過ごす」ことは大きな課題であり、それは「物理」であり、「心理」であると分かっていたのです。そこに京都の町家があり、商家にはうだつ(卯建)ができ、農家では茅葺きの合掌造りが生まれ、さらに江戸の密集地では長屋の文化が生まれ、寄り添って暮らす独自の集合住宅が生まれたのです。

自分の家は自分で創り、自分で守る!

 それらがそのまま日本人の心となり人格となっているのです。今それに戻ろうとするのも何ともナンセンスな話しのようなのですが・・・、
ちょっと工夫して自然に「夏を過ごそう」と考えるのです。

<イラスト1:わが国の住まいの原点高下駄の“葦の丸屋”(画:天野彰)>
<イラスト1:わが国の住まいの原点高下駄の“葦の丸屋”(画:天野彰)>

 すると古人の知恵と暮らしが見えてくるはずです。
そうです。それこそが電気が停まり、年老いて一人になったときを考えるのです。

<イラスト・写真2:夏の装い(画:天野彰)>
<イラスト・写真2:夏の装い(画:天野彰)>

 その気持ちだけでこれから暮らしていく私たちの家はどうあるべきか、メーカーや人に頼らず、自分だけで自分の暮らしをちょっと想像してみるのです。地震も台風もさらには火災に見舞われるかもしれません。しかし自分の家は自分で創り自分で守るのです。その気持ちだけで、現代の家探し、家づくりそしてリフォーム計画が変わってくるのです。
次回は「家づくりの方法(1)それでも家を建てる!」をお話します。
************************************************************************


★次回お楽しみに♪



【BACK NUMBER】
 いくつになっても住める家(1)今なぜ50代云々が大流行?
家相が気になる?(5)まったく鬼門のない家?
家相が気になる?(4)今のプランを回転し鬼門を避ける?
家相が気になる?(3)家相の中心と張りと欠けとは?
家相が気になる?(2)家相はあえて生かす?
家相が気になる?(1)気にさせられる?
有効な家づくり(6)建築家と創るプランニング?
有効な家づくり(5)設計者を探す?
有効な家づくり(4)わが土地を探す?穴場は?
有効な家づくり(3)わが家に塾?趣味の店?で楽しく生きる
有効な家づくり(2)わが家のミニ開発?でわが身わが町を救う?
有効な家づくり(1)都市は拡大しそして空洞化する?
生かすか壊すか今の家?(6)ちょっとの減災意識で都市を救う?
生かすか壊すか今の家?(5)ちょっとの耐震強化で地震に勝つ
生かすか壊すか今の家?(4)50代 わが「先」を観てみる?
生かすか壊すか今の家?(3)まずは生活基盤と地盤を見る
生かすか壊すか今の家?(2)活きるためにちょっと辛口提言
生かすか壊すか今の家?(1)リフォームか建替えか?
リフォームで減災(5) 命を守るセルフデイフェンス?
リフォームで減災(4) 家を守るちょっとした耐震?
リフォームで減災(3) 身を守ることとは?
リフォームで減災(2) 大津波でもやればできる?
リフォームで減災(1) 今の家をどう守るか?
家相はどこまで従う(5) 設計教本ならどう従えばよい?
家相はどこまで従う(4) 家相はわが国伝統文化の継承?
家相はどこまで従う(3) 家相は科学?「良相の家」とは
家相はどこまで従う(2)「意外!家相で“経済封鎖”?」
家相はどこまで従う(1)「案じた瞬間に家相はある?」
夫婦の家(5)「も、少し色っぽくしては?!」
夫婦の家(4)「仲良し“夫婦書斎”と“夫/婦寝室”」
夫婦の家(3)「住まいは子育てではなく“夫婦”育て?」
夫婦の家(2)「狭いLDKを夫婦でどう分ける?」
夫婦の家(1)「LDKは夫婦の創造的な場?!」
同居は少子高齢化を救えるか?(5)子育て老いを安心「契約同居」
同居は少子高齢化を救えるか?(4)やりくりからくりどんでん返し
同居は少子高齢化を救えるか?(3)同居・近居・遠居の距離
同居は少子高齢化を救えるか?(2)親子安心“共働”住宅
同居は少子高齢化を救えるか?(1)メリットとデメリット
家づくりの方法(6)ライフステージは親と子を考える?
家づくりの方法(5)敷地に“テント”を張って住む?
家づくりの方法(4)そして夫婦のことを考える?
家づくりの方法(3)住まいの「あるじ」が求心力
家づくりの方法(2)プランニングは「場取り」?
家づくりの方法(1)それでも人は家を建てる!
夏を涼しく(4)涼しさとは物理学と心理学の結晶?
夏を涼しく(3)日本の家は光と風と時の平立断面の技
夏を涼しく(2)涼しさは科学、千年の知恵
夏を涼しく(1)京都は暑いが、なぜか涼しい?
収納は難しい?(6)物を家の中に入れない!玄関クロゼット
収納は難しい?(5)老いて安全で楽なゴールデン収納?
収納は難しい?(4)考え方次第!押入れを高収納に?
収納は難しい?(3)玄関と寝室のウォークインクロゼット
収納は難しい?(2)収納のコツは「ポケット収納」?
収納は難しい?(1)やっぱり収納は苦手?!
子育ての家(5) 子どもの部屋の活用は?
子育ての家(4) 机の配置一つで家族関係が変わる?!
子育ての家(3) 6畳一間を子ども部屋と父の書斎に?
子育ての家(2) 6畳一間を3人の子ども部屋に?!
子育ての家(1) 2段ベッドで2つの子ども部屋??
「家相」はあるか?(4) 家相にはどこまで従うか?
「家相」はあるか?(3)「家相」によって私も変わった?
「家相」はあるか?(2) 家相は家づくりの手引書?!
「家相」はあるか?(1)家相はあるのです!
「家のチカラ」(4)住まいによってボケない?!
「家のチカラ」(3)住まいによって人生をも変える?!
「家のチカラ」(2)住まいによって人格が変わる?!
「家のチカラ」(1)住まいによって社会が変わる?!
「木の住まい」が一番(5)木の家は基礎から再生(曳家)
「木の住まい」が一番(4)木の住まいの再生
「木の住まい」が一番(3)空家木の住まいが朽ちている!
「木の住まい」が一番(2)木は活きていて暖かい!
「木の住まい」が一番(1)木の薫りは人と地球を守る!
バスタイム(お湯)の“湯々”自適でよい年に!
悠々自適、いや灯りの演出で「“遊々”自適」でよい歳を
住まいの文化(6)食う寝るところ棲むところ
住まいの文化(5)千年の都市型自然住宅「町家」に学ぶ
住まいの文化(4)住まいは真の継承がされたか?
住まいの文化(3)利休は狭さのプロデューサー?
住まいの文化(2)日本は“せまい”の文化?
住まいの文化(1)四季の想いは?
災害に強い家(5)地震はやはり自分で守るしかない?
災害に強い家(4)減災は想像力?で
災害に強い家(3)減災の心で命を救う?
災害に強い家(2)出来るところから減災
災害に強い家(1)防災の前にまず減災の心を

天野彰のホームページを見る!